妊娠8週目なのにエコー検査で赤ちゃんが見えない?




エコー検査で赤ちゃんがまだ見えないから心配・・・。
流産の可能性はあるのでしょうか?
エコーで確実に見えるのはいつから?妊娠6週目?妊娠8週目?

妊娠初期のエコー検査でわかること

妊娠初期のエコー検査では、膣内へ経膣プローブと呼ばれるスティック状の器具を挿入します。
そして、胎のうや子宮の状態を観察します。

胎のうと心拍が確認されると「妊娠確定」と判断されます。
だいたい妊娠6週目くらいで確認されることが多いとされています。

妊娠検査薬で陽性反応が出てもエコーで見えない?

妊娠検査薬は尿中のhCGホルモンの量を測り、一定量を超えると陽性反応がでます。
早いと受精して2週間で陽性反応が出る方もいます。
このときはまだ妊娠4週目あたり。
エコー検査の時期が早すぎで胎嚢が見えない場合もあります。

科学的流産の場合もエコーで見えません。
受精卵が着床したものの流れ落ちてしまうことです。
短期間とはいえ着床していたので、nCGホルモンが分泌されて陽性反応が出ます。
通常の生理にこの科学的流産は多く含まれています。

妊娠8週目のエコー検査で赤ちゃんが見えない場合もある?

妊娠8週目でも赤ちゃんが見えないこともあります。
もしかしたら、妊娠週数の計算を間違えているかもしれません。
通常、妊娠週数は、最後の生理が始まった日を1日目、14日目を排卵日として計算しています。
しかし、これは月経周期が28日の方の場合にのみ当てはまります。

また、排卵にも個人差があり、2〜3週間ずれていることもあります。
その場合、妊娠8週目に満たないので、エコーで見えないのです。
流産を考えるのはまだ早いといえます。
1〜2週間後に再度エコー検査をします。
しかし、次回の診察でも見えない場合は流産の可能性が高いといえます。
妊娠8週目であれば、赤ちゃんの姿と心拍数が確認されるはずです。

妊娠8週目を含む早期流産は全妊娠の15%ほどを占めるといわれています。
また、早期流産の原因は赤ちゃんの染色体に異常があり、自然の摂理であります。
自分を責めるようなことはしないでください。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ