妊娠8週目の流産率が高いってウワサは本当なの?






流産は珍しいものではありません。
多くの流産は「起こるべくして起きている」のです。

流産率ってどれくらい?

流産とは、妊娠22週目までになんらかの原因で胎児の成長が止まってしまったり、体外へ出てきてしまうことです。
流産する確率、流産率は全妊娠の15%ほどといわれています。
また、流産には早期流産(妊娠12週未満)と後期流産(妊娠12週〜22週まで)があり、
14%は早期流産とされています。

その中でも特に、妊娠8週目〜10週目の流産率が高くなっています。
よって、妊娠8週目の流産率がダントツで高いワケではなく、妊娠8週目前後の流産率が高いというのが正解です。
さらに、母体が若すぎたり、更年期に近いと流産率は高くなる傾向があります。

妊娠6週目から妊娠8週目に赤ちゃんの心音が確認されることが多いですが、妊娠8週目をすぎても
「心音が確認されない」との診察結果から「妊娠8週目の流産率が高い」とウワサになるなっているのかもしれません。

早期流産の原因は・・・?

はっきりと原因をつきとめることは難しいようで、ほとんどが受精卵に異常があったためとされています。
胎児の染色体に異常があり、うまく細胞分裂ができない、成長できないのです。

自分を責めないで

流産をすると「あんなことしなければよかった」「自分の不注意が招いた結果」などと自分を責めてしまいがちです。
しかし、自然の摂理、自然淘汰なので深く考えすぎたり、思いつめたりしないでください。

流産率を少しでも下げるためにできることは・・・?

流産率を下げる、流産を少しでも予防するには、妊娠初期の段階から日常生活でいろいろと気をつけましょう。
・睡眠を十分にとる
・ストレスをためないで、ゆったりと過ごす
・冷えないよう配慮する
・少しでも疲れを感じたら無理をしないで休息をとる



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ