『いつまでマタニティブルー』よりも、『いつかは終わる』で






マタニティブルーの時期は、ちょっとしたことでも気に病んでしまったり、辛く悲しい感情にとらわれがちです。
ですから、すっきりしなくて、それが更に苦しみを呼び込んで負のスパイラルに陥ることもありますね。

本当に辛いマタニティブルーですが、このような日々はずっと続くわけではありません。
いつまで続くかといえば、大抵は2週間くらいで治まってくるものなのです。

頑張り過ぎない自分でいい

でも、楽しいことであればあっという間の2週間でも、じわじわと続く辛さや苦しみになると、いつまで続くのか、永遠に脱せないのではないかと不安になるかもしれません。

また、人によって多少の差はあるものですから、2週間を越えてマタニティブルーに苦しむ女性もいます。
たとえ2週間でマタニティブルーの時期が去っても、それ以上続くとしても、この時期が女性の心身に余計なストレスを与えることは確かでしょう。

それならば、いつまで続くのかと立ちすくむよりも、この時期は頑張り過ぎない自分でいたいものですね。

無理をしないのが吉

いつまでマタニティブルーの苦しみが続くのかわからなくて余計に悩みがちであっても、できるだけ、この時期は無理をしないのが吉とという姿勢で過ごしましょう。

いつまでに元気になる、いつまでに笑顔になれると自分を追い込むような鼓舞をする必要はないのです。
何とかしないと、という焦りもまた、マタニティブルーの時期を引きずってしまう原因になります。

ですから、いつまでというよりも、いつかはマタニティブルーの時期は終わるという気持ちで頑張り過ぎないことですね。

マタニティブルーの時期はいつまでなのかと思う自分に気付いたら、いつかは解消されるのだからと考え方を転換することが大切です。

ただし、それでもなかなか脱せそうにない日々が続いたとしたら、その時は医師にかかるのも良いですね。
時には、専門医の判断をあおぐこともありでしょう。
いつまで、と焦って自分で自分を叱咤激励するよりも、明けない夜はないからと気長にいくことが大切なのかもしれません。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ