つわりのピークはいつからいつまでなの?






つわりは、その症状の強さや長さにかなり個人差があります。
全くつわりがなかったという人もいれば、中には出産するまでつわりがあったという人もいるでしょう。

同じ人でも第一子の時と第二子の時とでは違うこともあります。
つわりのピークは大体いつからいつまでなのでしょうか?

妊娠7〜10週がピークとなる人が多い

一般的には妊娠7〜10週の頃につわりのピークがあった人が多いようです。
しかしこれもかなり個人差があり、8週目くらいには楽になったという人もいればもっと後でピークが来たという人もいますので、あくまで目安として考えるほうがよさそうです。

一口に「つわり」といっても、嘔吐症状や食欲不振、強い眠気、においに敏感になるなど症状も様々です。
また、妊娠後期になると第二のつわりがやってきます。これは赤ちゃんが大きくなり胃が圧迫されることで起こるもので、胸やけや胃の圧迫感、げっぷといった症状がでます。

つわりの症状がピークの時には休息を

つわりの症状は、特に体が疲れているときに強く表れます。
すなわち自分の体が休息をほしがっているという状態ですので、つわりの症状が強い時にはなるべく無理はせず安静にしましょう。

また症状の強さにも個人差があり、軽度であれば休んでいるだけで楽になることもありますが、水分もとれないなどあまりにひどいつわりの症状がある場合は早めに産婦人科に相談しましょう。
放っておくと脱水症状を起こしてしまうこともあり、点滴などの治療が必要になります。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ