稽留流産したら手術は必ず必要なの?


稽留流産と診断された場合には胎児を体外に出す必要がありますが、その際手術は必ず必要になるのでしょうか?

稽留流産=手術ではない

稽留流産しても、必ず手術しなくていけないというわけではありません。
通常胎児が死亡し妊娠が継続できなくなれば、1〜2週間で胎児は自然に体外に排出されます。
こうした自然流産を待つか、もしくは子宮収縮剤を用いて子宮収縮を人工的に起こさせて流産させるという選択肢も手術以外には考えられます。

手術と自然流産、どちらがいいの?

もし自分が稽留流産をして手術と自然流産という二つの選択肢がある場合、自然流産のほうがいいと思う人も少なくないでしょう。
確かに、自然流産のほうが人工的に子宮に傷をつけることがないため体の負担は少ないです。
しかし、自然流産の場合、いつ流産するか全くわからないという不安や大量出血の恐れのほか、一部の組織が子宮内部に残ってしまう「不全流産」になる可能性があります。

反対に、手術にもメリットとデメリットはあります。
自然流産に比べると体への負担が大きく再び妊娠できるまで少し時間がかかるというデメリットはありますが、手術日が決まっているので気持ちの整理がつけやすいということや子宮内部が完全にクリーンになるというメリットもあります。

最近では、次の妊娠に向けて確実に子宮を万全な状態にできることや、大量出血の怖さから「手術」という選択をする人が多いようです。
しかしどちらがいい方法かというのは一概に決めることはできません。
自分にとってどちらの方法がベストなのかを考えて選択することが大切です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ