つわりがすっきりする食べ物とは?


妊娠中のつわりによって、食べ物の好みが変わると聞いたことがあります。

私も、つわりの時は、偏った食事をしていました。
食事と言っても、1日に妊娠前の1食分も食べていませんでした。

つわりの時の食べ物

私は、妊娠4週目から24週目までつわりによる吐き気がありました。

初めは、酸っぱいものが食べたくなりました。
梅干しや、グレープフルーツなどを普段の食事をとりつつ食べていました。

徐々に、つわりの症状が強くなり11週目ごろには、通常の食事は食べられない状態。
吐き気で食欲もなく、空腹感も感じ無い状態でした。
その頃は、酸っぱいものも全く食べたくなかったです。

スポーツ飲料やリンゴジュースはたまに飲んでいましたが、飲みすぎると気持ち悪くなりました。

つわり中に、どうしても食べたくなった食べ物があります。
それはフライドポテトです。

インターネットで調べると、フライドポテトが異常に食べたくなったという方が結構いるようです。
中には、マクドナルドのポテトでないと食べられなかった方もいました。

私は、特に受け付けないポテトはなかったので、スーパーで冷凍ポテトを買って食べたい時に食べました。
といっても、量はわずかです。これも食べ過ぎると後悔することになっていました。

つわりで辛い時期は、夏だったのもあり、たまにアイスクリームを食べました。
これはバニラのみでした。
1日かけて1/2箱食べてその日の食事終わりなんて日もありました。

テレビで食べ物の映像を見るのもダメでした。

つわりの時の栄養

偏った食事ばかりしていたので、赤ちゃんに栄養がいかないのでは?
と心配でした。

産婦人科で先生に相談すると、
「赤ちゃんはもとからママに蓄えてある栄養をもらっているので、つわりのひどい時は、無理して食べなくて大丈夫」
と教えてもらいました。

食べられるものを無理せず食べればよいというのは、ありがたい言葉でした。

産後は、食べ物の好みは妊娠前にもどりました。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ