里帰り出産の場合住民票の手続きはどうしたらいいの?


赤ちゃんを無事出産したら、赤ちゃんの住民登録をする必要があります。住民登録をすれば赤ちゃんは
住民票に入ることができ、予防接種の助成や小児医療補助などを受けることができるようになります。
里帰り出産の場合、住民票の手続きはどのようにすればよいのでしょうか?

住民登録はどこでするの?

住民登録は住民票のある市区町村の役所でしか手続きすることはできません。
ですので当然、里帰り出産をした先の市区町村での手続きはできません。

里帰り出産をした市区町村でも手続きできた出生届・出生証明書とはこの点が異なりますので注意してください。
なお、手続きの際には印鑑と出生届済証明のされている母子手帳が必要となります。

住民票の手続きに期限はあるの?

住民登録は出生届とは違い、手続きに期限はありませんので里帰り出産から自宅に帰ってからでも十分
間に合います。
しかし先に述べたように、予防接種の助成などの補助を受けるためにも忘れないうちになるべく早めに
済ませておくほうがよいでしょう。

どうしても早く住民票の手続きをしたいという場合には、夫に母子手帳と印鑑を預けて手続きをしてもらうと
よいでしょう。ただし、里帰り出産の後実家にいる間にも母子手帳は必要になりますので必ず返却してもらい
ましょう。

このように、住民票の手続き自体はそれほど急を要するものではありません。
しかし自宅に戻ってから自分が手続きしようと思っても時間が思うように取れないこともあります。

夫に協力してもらい、住民票やその他健康保険や児童手当などの手続きも代行してもらうと安心ですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ