里帰り出産で準備するものリスト


里帰り出産をするには準備するものがたくさんありますよね。
準備するものを目的別に分けて整理してみたいと思います。

病院に関係するもの

・母子手帳と保険証:

これらは里帰り出産をする病院で必要になるだけでなく、里帰り中に風邪などで他の
病院にかかる場合にも必ず必要となるため忘れないようにしましょう。

・紹介状

妊娠中にかかっていた病院から里帰り出産する病院に移る際に必要となりますので、これも必ず忘れないようにしましょう。

出産に伴い準備するもの

・マタニティウェアや授乳服:
出産前に着るマタニティウェアだけでなく産後に着る授乳服も用意しておくと便利です。

・パジャマ:産後に入院中に着る授乳用のパジャマ。着替え用に最低でも2枚は必要です。

・入院準備用品:

産褥ショーツや母乳パッド、お産用パッドなど出産時に必要なものがいくつかあります。
病院で「入院準備リスト」というものをもらえますので、それを見て早めに準備しておくとよいでしょう。

私も里帰りしてすぐに産院でもらったリストを見ながら準備するものを揃え、いつ入院してもいいように大きな鞄に一式入れて準備をしていました。

・赤ちゃんの肌着や衣類、おくるみ、おむつ:

生まれる時期によっても違いますが、夏場など汗を多くかく時期は
少し肌着が多めに必要となります。
また外出することはほとんどありませんので洋服は1,2枚あれば十分です。
おくるみは外出時には必要となりますので、洗い替えで2枚ほどあると安心でしょう。
おむつはかなり大量に必要ですが、案外すぐにサイズが大きくなりますので、新生児用を大量に買いすぎないようにしましょう。

その他にも、自分の生活用品やお金など里帰り出産には準備するものがたくさんありますので余裕を持って早めに準備をしておきましょう。

また、赤ちゃんの衣料や入院時に必要なものなどは荷物もかさばりますし、里帰りしてからでも十分間に合いますので、実家に帰ってから購入してもよいと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ