妊娠検査薬で陰性から陽性に変化することはあるの?


私たちは「妊娠したかも?」と思う時、病院に行く前に自分で妊娠検査薬を用いて検査することがしばしばありますね。

妊娠検査薬はドラッグストアに行けば簡単に手に入りますし、インターネットなどでも簡単に購入することができます。

この妊娠検査薬ですが、人によっては「妊娠検査薬で陰性から陽性に変化した」ということがしばしば起こるようです。本当にそんなことはあるのでしょうか?

妊娠検査薬で陰性から陽性に変化することはあります

妊娠検査薬の結果は100%正確ではありません。その主な原因として、フライング検査をしてしまうことが挙げられます。

フライング検査とは、予定よりも早い段階で妊娠検査薬を使ってしまい、正しい結果が出ないことを言います。
妊娠検査薬は尿の中の妊娠を示すホルモン(hCGホルモンといいます)を調べるのですが、実際の正確な排卵日と自分が把握している排卵日とがずれていることはよくあります。

そのため、妊娠検査薬を予定よりも早い段階で使ってしまうと尿の中のホルモンがうまく検出されず、実際は妊娠していても陰性反応が出てしまうのです。
しかしその後再検査をした時にタイミングが合っていればそこで陽性反応がでるため、陰性から陽性に変わることはありうるのです。

焦る気持ちを抑えて

私たちはどうしても妊娠したかどうかを早く知りたい気持ちで、早めに検査をしてしまいがちです。
しかし妊娠検査薬は万能ではありません。あくまで正しい使い方をした時に正しい結果が出るのです。

またホルモンの出方にも個人差があるうえ、同じ人でも1日の中で検査する時間が違えば陰性から陽性に変わることはあるのです。

妊娠検査薬を使って正しい結果が知りたいと思うならば、焦る気持ちを抑えることが肝心です。
生理予定日を過ぎても生理が来ない場合は、もしかしたらフライング検査の可能性もありますので再度検査をすることをお勧めします。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ