生理予定日から使える妊娠検査薬はあるの?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




char05

妊娠検査薬は通常、生理予定日の1週間後から検査できるものがほとんどです。
しかし、どうしても妊娠しているかどうか早く知りたいという場合には、それよりも早い段階で使える「早期妊娠検査薬」というものがあります。

早期妊娠検査薬とは

妊娠検査薬では尿の中にあるhCGホルモンというホルモンの量を調べますが、通常の妊娠検査薬の場合、このホルモンの検出基準値が50mlU/mLとなっています。
そのためhCGホルモンの分泌量が50mlU/mL以上となる、生理予定日の1週間後あたりにならないと正確な結果は出ません。

それに比べて早期妊娠検査薬は、この検出基準値が25mlU/mLとされており、早ければ生理予定日の3日前からの妊娠検査が可能となる妊娠検査薬なのです。

生理予定日がわからない場合には、セックスをした日から2週間後からの検査が可能です。

早期妊娠検査薬の精度は?

正確な精度はメーカーからも発表されていないため何とも言えませんが、通常の妊娠検査薬と比べると、どうしても精度は下がると思われます。

精度を求めるのであれば、やはり生理予定日後に行なう通常の妊娠検査薬を使うのが無難でしょう。

早期妊娠検査薬で陰性反応がでたから妊娠していない、というのは危険です。
生理予定日で陰性がでても妊娠の可能性はあると考えて使うほうがよいでしょう。

早期妊娠検査薬、どこで手に入る?

以前はドラッグストアなどでも簡単に手に入りましたが、2009年に薬事法が改正されたことでかなり手に入りづらくなりました。
現在では、きちんとした薬剤師のいる調剤薬局でしか購入することはできません。

海外から輸入する形で、インターネットで購入することもできますが、日数もかかるため使用を考えているなら早めに注文する必要があります。

また、早期妊娠検査薬は「蒸発線」もでやすいので注意してください。

やはり、生理予定日以降から用いる通常の妊娠検査薬のほうをおすすめします。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ