妊娠したら着床出血があるの?!生理とは違うの?


私たちは妊娠すると体に様々な変化が起こりますが、その1つとして「着床出血」というものがあります。
発症する割合は2%ほどですので、妊娠しても着床出血を起こす人はかなり少ないようです。

着床出血とは何か?

着床出血とは、妊娠して子宮内部に胎盤と呼ばれる赤ちゃんを育てるための重要な臓器が作られる際に
起こる出血を言います。

着床出血の際には、出血だけではなくその他にも胸のはりや痛み、腹痛や腰痛などの症状も表れます。
痛みは生理痛に似た症状ですのでそれほどひどくはなく気が付かないことも多いでしょう。

しかしあまりに痛みがひどい場合は子宮内部が損傷していたり、ポリープなどからの出血など、妊娠とは関係のない出血の可能性もあるため、すぐに病院で処置を受ける必要があります。

着床出血の起こる時期は?

着床出血は大体、生理予定日の1週間前(排卵の時期)から生理予定日の時期に起こります。
通常2〜3日で症状は治まりますが、もともと生理不順がある場合は着床出血なのか不正出血なのかを見分けることは難しいでしょう。

生理との違いは?

先に述べたように、痛みに関しては生理も着床出血も似ていて区別はつきにくいです。
しかし着床出血と生理とでは、出血の量が明らかに違います。

妊娠に伴う着床出血では、ごく微量の出血であり生理のような多量の出血ではありません。
また、色の違いもあります。着床出血の場合は、薄茶色のおりものがおりたり、おりものに血液が混じるようなかんじです。

着床出血をした時の対処法は?

妊娠の初期に出血をした場合には必ず産婦人科を受診する必要があります。
「少量だから」などと軽く見てはいけません。妊娠の初期段階で出血する原因はたくさんありますので、大きな病気や流産につながる危険がないとは言えません。

自己判断せず必ず病院からの指示をもらうことが大切です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ