マタニティーマークはどこでもらえるの?


マタニティーマークは厚生労働省が作成しているものの他にもたくさんの種類があり入手方法も様々です。
しかし実際にマタニティーマークを使いたいけれどどこでもらえるのかわからない、という方もたくさんいると思います。

マタニティーマークはいったいどこでもらえるのでしょうか?

母子手帳の交付の際にもらえる

母子手帳は妊娠10週ごろになったら区役所や市役所で交付してもらうことができますが、その際に
一緒にもらうことができます。
これが一番よく知られているマタニティーマークの入手方法だと思います。

JRや私鉄の駅でもらえる

実はマタニティーマークはJRや私鉄の駅でももらうことができます。
ただしすべての路線や駅で配布しているわけではないため、ホームページなどでマタニティーマークの
配布場所を確認しておくとよいでしょう。

通常は「マタニティーマークをください」と言えばもらえますが、中には妊娠していることの証明
として母子手帳の提出を求められる場合もあります。

本の付録としてもらえる

妊婦さん向けの代表的な雑誌に「たまごクラブ」という雑誌がありますが、その中でも妊娠したら初めに
読む「初めてのたまごクラブ」という雑誌があります。

この雑誌にマタニティーマークが付録として1つついてきます。
無料で入手はできませんが、そのほか参考になる情報もたくさん載っているため、購入しても損はない
でしょう。

このように、マタニティーマークをどこでもらえるか?と言えばいろいろな入手方法があります。
しかしどこでもらえるかは意外に知られていないのです。

どこでもらえるのかわからないまま妊娠すると、いざ使いたい時に慌てるはめになってしまいますので
自分が妊娠したら、一番簡単にマタニティーマークを手に入れるにはどうしたらいいのかを調べて
おくとよいでしょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ