下痢は妊娠初期症状?対処法はどうすればいい?




妊娠をすると、体温がずっと高温期になったりおりものが増えたりするなど、いろいろな体の変化が表れます。
これらの妊娠初期症状の一つとして、下痢の症状を訴える人も中にはいます。
妊娠初期症状と下痢、これは関係のあるものなのでしょうか?

妊娠初期症状の下痢はホルモンの分泌が原因

妊娠すると、女性の体内では特殊なホルモンが分泌されるようになります。
このホルモンは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」といわれるもので、妊娠初期には、このhCGホルモンが
急激に分泌されます。

妊娠の可能性を調べる際に使う妊娠検査薬というものがありますが、これもこのhCGホルモンの分泌の有無を
調べているのです。
その他にもエストロゲンやプロゲステロンといったような、妊娠時に分泌されるホルモンが今までとは違った
バランスで分泌されます。

そのためホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れてしまうことで下痢の症状が起こるのです。
中には反対に便秘がちになる人もいるようです。

私自身も妊娠初期症状として、下痢ではなく便秘の症状があったことを覚えています。
こうした妊娠初期症状は症状が全くでない方もいますので、かなり個人差があると言えるでしょう。

下痢になった時の対処は?

妊娠初期症状としての下痢は自律神経の乱れによる一過性のものであり、特に心配する必要はありません。
いつかは自然と治っていくものです。

下痢の時には胃腸に負担をかけないような食事を摂ったり、体を温めることなどを心掛けるとよいでしょう。
ただしあまりに激しい水様性の下痢が長く続くようであれば、妊娠ではなく他になにか原因があるかも
しれませんので、早めに産婦人科に相談しましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ