安定期に入ってもつわりが治まらない!みんなどうしてるの?






「安定期に入ったら、『今までのは何だったの?』と思えるくらい楽になるから」という周囲の励ましを信じてその日を今か今かと待っていたのに、一向にその兆しが見られない…というプレママさん、本当に辛いですよね。

「お母さん、赤ちゃんは元気に育ってますよ!」という先生の言葉と、安定期に入って頻繁に感じる胎動のおかげで、どうにかつわりを乗り越えてられているというプレママさんも多いと思います。

ここでは、なかなかつわりが治まらなかった先輩達のアドバイスを幾つか紹介していきます。

とにかく楽チンスタイルでつわりを緩和

安定期に入ると、お腹の膨らみも徐々に目立つようになってきましたよね。

早速、マタニティウエアを購入した人も多いのではないでしょうか。
安定期に入る前に来ていたお気に入りの洋服がまだ着られるようでも、少しでも圧迫感を感じたら、すぐにゆったりとした余裕のある服装を心掛けましょう。

そして、ブラジャーもワイヤーの入っていないマタニティ用を着けて、なるべく楽な体勢で過ごすようにしましょう。

食べたらムカムカ系の定番つわりには

つわりは十人十色なので、「そんな時には絶対にコレ!」という万能な食べ物はありません。

栄養面を気にしがちですが、まずは『何でもいいから自分が食べられるものを探してみる」ことから始めてみましょう。

ぶどうやパイナップルなどの果物を凍らしたものや、冷たいうどん&素麺、シュワシュワの炭酸系ドリンクなどが、「食べやすかった」とよく好まれています。

常に食べていないと気持ち悪い食べつわりには

お腹が空いたら決まって吐き気を催してしまう食べつわりは、ずっと何かを食べてしまうので体重増加も気になりますよね。

また、安定期を迎えた頃から食欲が急激に増してくるプレママも多いですから、カロリー控えめのキャンディやこんにゃくゼリーなどを、常に持ち歩いて「小量ずつを頻繁に食べる」人が多いようです。

また、3食のご飯をしっかり食べるのでなく、少し控えて、ミニおむすびなどを合間にパクッと食べるのもオススメです。

仕事をしている方は周囲の目が気になると思うので、安定期に入ったら妊娠と体調のことを上司にきちんと話しておきましょう。

この他にも、いろいろな匂いが敏感になる、とにかく眠くて仕方ないなど、つわりの症状は様々です。

しかし、そんな中だからこそ、あえて外出や旅で環境を変えてみたり、前から興味があった習い事にチャレンジしてみたりして、楽しく上手に気分転換しましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ