本当に喜ばれる内祝いの3つの選び方とは?


いろいろな方から温かい祝福の言葉とお祝いを頂くと、我が子が誕生した喜びを改めて実感しますよね。

しかし、産後の1カ月は身体や体調がすぐに元に戻らないことに慣れない育児ペースが加わり、内祝いの手配をするのはちょっぴり大変です。

ですから、もし今がまだ出産前でしたら、同僚から三千円程度頂いた時にはあれを、友達から1万円程度の時はこれを、というように、おおよその金額や相手との関係性を考慮しながら具体的に目星を付けておくとスムーズです。

ここでは、相手に喜ばれる内祝いの選び方を具体的にご紹介しましょう。

【選び方の提案1】上司や恩師にはこだわり品を

上司や恩師への内祝いとなると、選び方にも気を遣いますよね。

上司達の年齢になると、今までいろいろな内祝いを返してもらっていることでしょうし、これからも色々とお世話になる方々ですから、ありきたりのモノではなく、「量よりも質のこだわり品」を選ぶのが良いでしょう。

例えば、タオルなら極上の手触りの「今治タオル」を、食材やお菓子なら県外からお取り寄せや老舗の高級品という風に、自分ではなかなか買わないワンランク上の上質さを基準にする選び方がオススメです。

【選び方の提案2】友人や同僚には商品券を

相手の好みや家族構成に合わせて、オーガニック系ドレッシングや紅茶の詰め合わせなどを選ぶのも良いのですが、一人一人のことを考えて選ぶのは大変です。それに、一生懸命考えてセレクトしたとしても、本当にそれが喜ばれるかどうかは分かりません。

ですから、友人や同僚への内祝いの場合は自由に使える商品券がオススメです。
全国共通のデパート商品券も良いですが、もし贈る相手が主婦の場合は、遠くの百貨店よりも、その人が住むエリア内のスーパーの商品券を贈ると「ちゃんと考えてくれていて、使いやすい」とさらに喜ばれます。

【選び方の提案3】親族には赤ちゃんの写真&名前入りのものを

親族への内祝いには、おっておきの我が子の写真プリントをギフト商品に貼ってくれるサービスを利用して「こんなに可愛い子が産まれたよ!」感をアピールしても、それを素直に喜んでももらえるでしょう。

友人や同僚には、「子供の写真入りギフトだと食べたり、飲んだりした後に捨てにくい…」と思わせてしまうのであまりオススメできません。
小さい子がいる場合はジュースの詰め合わせ、年配の方なら海苔など、余裕があればその家族の背景に合わせて選びましょう。

喜ばれる内祝いの選び方を3つほどご提案しましたが、いかがでしたか?

内祝い,選び方産前に思うように準備できなかったという妊婦さんは、内祝いを扱う業者や注文方法を調べたり、内祝いカタログを取り寄せておくだけでも産後ずっと楽になりますよ。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ