妊娠が分かったら行なうエイズ(HIV)検査について

 【妊娠線クリーム】NOCOR




 妊娠初期に病院で血液検査をしますが、これは風疹やC型肝炎などの抗体があるかどうか、また感染していないかどうかを調べるものです。そして、エイズ(HIV)検査も妊娠初期に義務づけられている項目の中の一つで、陽性(+)と出れば、例えその時自覚症状が全くなかったとしても感染していることを表します。

「赤ちゃんを授かった後にエイズ(HIV)感染が分かっても…」と思う人もいるかもしれませんが、決して手遅れということはありません。

何のための妊娠が分かったらエイズ(HIV)検査をするのでしょうか。

妊娠したらどうしてエイズ(HIV)検査をするの?

それは、『胎児への感染リスクを極力避けるため』です。エイズ(HIV)感染は、血液・体液・分泌液を介しての感染に一番気を付けないといけないということはすでに周知されていることですよね。

イメージ的に『エイズ(HIV)に感染していたらお腹の赤ちゃんも感染する』と思われがちですが、妊娠中に母親の血液と胎児の血液が混ざり合うことはないのでその心配はほとんどないのです。

しかし、母親がもしエイズ(HIV)感染していたら、これから赤ちゃんをお腹の中で育てて無事出産するまでには、通常の妊娠よりも多方面でより慎重なケアが必要となります。そのため、妊娠初期にエイズ(HIV)検査をすることが義務づけられているのです。

もしエイズ(HIV)検査で「陽性」が出たら?

すぐに、細胞での繁殖を抑えるために「抗HIV薬」を内服し、さらに分娩中は注射や点滴などの投与が行われることもあります。

長年、帝王切開の方が安全とされてきたため日本では帝王切開による分娩がほとんどですが、研究で「抗体の数値が一定より低い場合はその感染率に差が見られない」ことが発表され、欧米では通常のお産での分娩が行われるようになっています。

いずれにせよ、赤ちゃんが母親の血液に触れないようにするなど、感染のリスクを軽減するためにあらゆる手が尽くされます。

医学の進歩により母親から赤ちゃんへの感染率は2%台まで低下しているとは言え、はやり万が一のことを考えると、身に覚えがない人でさえ妊娠中のエイズ(HIV)検査は不安になっていまいますよね。

この記事で元気な赤ちゃんの顔を見るためにエイズ(HIV)検査は大切なものだということを知っていただき、その知識が妊婦さんの不安を少しでも緩和してくれることを願っています。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ