助産院と病院での出産の違いは?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




産婦人科医の不足や、自然なお産への希望などもあり注目されている助産院。
助産院と病院との出産での違いについて、それぞれのメリット・デメリットなどを調べてみました。

医師がいないことによる違い

助産院は医師がいない分娩施設であることが一番の違いです。
そのため基本的には医療行為を行うことはできないません。
出産時によく行われる会陰切開などは医療行為にあたるため、助産院では行われません。
当然帝王切開もできないため、過去の出産時に帝王切開を経験している妊婦さんや、妊娠経過が順調でない妊婦さんは受け入れられません。

また、麻酔を用いた無痛分娩も医療行為になるため、助産院では取り扱うことはできません。
何らかのリスクがある妊婦さんや、無痛分娩などを希望する場合は、病院での出産が第一候補となるでしょう。

健診や出産時の対応の違い

一般的な健診時の対応などにも違いがあります。
病院では、複数の医師が対応することが多く、健診や出産時で担当者が異なる場合がありますが、助産院では基本的に一人の助産師さんが継続して対応することがほとんどです。

1回にかける健診の時間も、病院では5分〜10分程度ですが、助産院では1時間程度かけてゆっくり話をきいたり、マッサージなどを行う助産院もあります。

また、病院と違い、アットホームな雰囲気であることや、お産のスタイルが自由に選べる場合が多く、出産時の立ち会いも特に制限がないことが多いようです。
そのため、上のお子さんがいて家族で出産を経験したいと考える妊婦さんには、助産院での出産のメリットは大きいでしょう。

院内助産院という選択肢

このように病院と助産院での出産には違いがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。
最近では、病院と助産院の両方の良さを兼ね備えた「院内助産院」を設置している産婦人科もあるようです。

院内であるため、緊急時の対応を迅速に行うことができる上、助産院でのアットホームな雰囲気での出産が可能となります。
出産には何が起こるかわからないという妊婦さんの不安を解消する1つの選択肢になりそうです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ