助産院で出産するのはリスクが高い?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




出産する場所に産婦人科ではなく助産院を選ぶ人も増えています。
しかし医療機関ではない助産院での出産をすることに対して、リスクを心配する人も多いでしょう。
そのリスクについて調べてみました。

助産院で出産できる人は限られる?

助産院は助産師さんが営む分娩施設です。
助産師は、医師以外で唯一お産の介助を行うことができる国家資格をもっています。
また、妊産婦や新生児の保健指導を行うことができます。

しかし、助産師は医者とは異なり、緊急時の応急処置を除く医療行為は認められていません。
そのため、助産院で出産が可能な妊婦さんには条件があり、基本的には「正常出産」の方が対象となります。

例えば逆子であったり、前置胎盤や妊娠高血圧症など、妊娠の経過で異常が見られた場合や、過去に帝王切開の経験がある場合、高齢出産などでリスクが高いとされる場合は、そもそも助産院での出産はできない事が多いのです。

医療機関との連携

助産院での出産を希望する妊婦さんでも、必要に応じて病院での健診を行います。
これは医療機関でしかできない超音波検査などがあるためです。
その健診によって出産時のリスクが高いとされた場合は病院での出産になります。

また、妊娠経過が順調でも、実際の分娩時に何もトラブルが起こらないとは限りません。
このような場合のリスク管理として、助産院では嘱託医師を定めておくことを法律によって定められています。
つまり、緊急時には適切な医療機関への搬送を判断するのも、助産師の重要な仕事の一つです。

まとめ

このように助産院ではリスクの高い妊婦は受け入れることはなく、トラブル時の連携をすることでリスク管理がされています。
助産院での出産を望む場合、希望する助産院での対応がどのようになっているかを調べ、リスクとその回避方法をしっかり把握しておきましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ