母乳育児をするために妊娠中にできること

 【妊娠線クリーム】NOCOR




出産をしたらなるべく母乳育児をしたい、と思う母親は多いでしょう。
しかし、妊娠中は産まれたら母乳は簡単に出るものと思っていたのに出なくて大変だった、という話もよく耳にします。
そこで、母乳育児をするために妊娠中にできることを紹介しましょう。

乳首のチェックと乳管開通

母乳育児のために妊娠中期頃からできる対応として、乳首のチェックがあります。
扁平乳頭や陥没乳頭の人は、赤ちゃんが吸い付きにくい場合があるため、乳頭を挟んで軽くひっぱるなどして、少しずつ押し出しておく方が良いようです。
もしうまくいかない場合でも、産後に赤ちゃんが吸っているうちに問題がなくなるケースもあります。
心配な場合は妊娠中にあらかじめ助産師さんなどに相談しておきましょう。

そして妊娠後期には乳管開通をしておくと良いようです。
これは、乳輪の周りを刺激することで、乳管を開かせて分泌物が出てくるようにすることです。
開通しておくことで、産後に母乳が出やすくなるため、母乳育児がスムーズに進むようです。

妊娠中は乳首のチェックと乳管開通以外には、特にマッサージ等は必要ありません。
なお、妊娠中はだんだん胸が大きくなり張ってきますが、なるべくゆったりした下着をつけ、しめつけないようにしておきましょう。

相談できる場所を確保しておく

母乳育児がうまくいかない場合に相談できる機関を探しておきましょう。
産後は赤ちゃんの世話に追われてなかなか調べものなどはできないため、妊娠中に探しておくのがおすすめです。
事前に探しておけば、思わぬおっぱいのトラブルなどの場合もあわてることはありません。

出産する病院や助産院で相談できる場合もありますし、母乳育児専門の相談機関もあります。
不安がある場合は妊娠中から母乳育児について話を聞いておくとよいかもしれません。

まとめ

母乳については人それぞれの体質もあり、すぐにはうまく出ない場合もあります。
それはその時になってみなければわからないので、あまり心配しすぎないことも大切です。
しかし、妊娠中からできる準備をしておくことで少しでも不安を減らすことができれば、リラックスして母乳育児に取り組むことができるでしょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ