オイルで妊娠線予防!流行っているその理由は?






芸能人のブログなどでも、妊娠線予防のアイテム紹介で頻繁に登場しているのが「オイル」タイプです。

そして、その中でも高い支持を得ているのがオシャレなパッケージの海外ブランドのオイルで、中には「庶民には手が出ない…」と嘆いてしまいたくなるような高価なオイルもあります。では、多くの芸能人ママにそこまで愛されるオイルの魅力とは、一体どのようなものなのでしょうか。クリームやローションとは一線を画するオイルの魅力に迫ります。

妊娠線予防オイルは保湿力の高さは断トツでトップ!

妊娠線予防で一番大きなカギとなるのが「保湿力」です。
皮膚の乾燥も妊娠線ができてしまう要因のひとつなので、いかに乾燥を防ぐかが妊娠線予防で大切なのです。

クリームやローションに比べて、妊娠線予防オイルは浸透力が高く、しっとり感もさらに持続するので、保湿力アップを目的にたくさんのマタニティさんが使用しています。

妊娠線予防オイルの魅力は香りの良さ

好きな香りが選べるのもオイルの特徴です。
マタニティ期は香りに敏感なうえ、出産への期待と不安が交互に入り交じるので、心がリラックスできる自分好みの香りに出会えると嬉しいものです。

妊娠線予防オイルはベタ付かないの?

各メーカーからベタ付きを抑えたオイルが発売されており、イメージしているよりもさらりと使えます。

また、妊娠線予防オイルは余計なものが入っていない自然素材の商品が多いことから、『多少のベタ付き<安心素材』と考える人にも選ばれています。

もちろん国産で製造された妊娠線予防オイルタイプもありますが、妊娠線予防のオイルはまだまだ外国製が主流なので、どうしても割高です。そのため、比較的手頃なオリーブオイルやベビーオイルを使ってマッサージをされている方もいらっしゃいます。

どのタイプのオイルでもクリームでも、妊娠線予防にも共通して言えることは、「量をたっぷり、こまめに塗ることが大切!」ということです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ