ベビーマジックストレッチマークの効果なく妊娠線ができてしまった・・






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠 7 ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ベビーマジック ストレッチマーク

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日 1 回 お風呂あがり  に使用 

特に気をつけていた部位:
お腹

結果、妊娠線はできましたか?できませんでしたか?

同じ使用方法をしましたが、一人目のときは出来ず、二人目のときは出来てしまいました。

まず、一人目の時ですが、あまり妊娠線に気にせず妊婦生活を送っていました。
妊娠五カ月くらいのときに、友人に勧められて妊娠線予防クリームを知りました。

その後、何度か塗ろうとしたのですが、使用後のべたつきがきになり、一回塗っただけでやめてしまいました。
しかし、だんだんお腹が大きくなるにつれて妊娠線への不安がよぎり再び塗り始めることにしました。

初めすごく気になっていたクリームのべたつきも毎日ぬっていくうちに違和感がなくなっていって、毎日クセのようにして塗っていました。

そして、二人目の時は、一人目のときに全く妊娠線ができなかったにも関わらず、お腹が大きくなりすぎていて、お腹がはちきれるような感覚におそわれ妊娠線が出来ることがわかりました。

心配になり、一日一回クリームを塗って予防しましたが、やはりたくさん妊娠線が出来てしまいました。

妊娠線対策の体験談を教えてください

妊娠線予防のクリームについての効果はわかりませんが、妊娠線はお腹が大きくなりすぎることによって、より目立って妊娠膳が出来るように思います。

私の場合は、クリームでの予防も大切ですが、腹帯やさらしでお腹をある程度締めることによって、、お腹が大きくなりすぎることを防げるような気がしました。

妊婦で、腹帯やさらしでお腹を巻いているとお腹が大きくなりすぎることは防げるような気はするのですが、正直大変苦しくてしんどかったです。

あまりきつくまくと苦しいし、ゆるくまくとすぐに外れてしまうので、腹帯・さらしの使用方法は個人により様々だとは思いますが、ある程度締めておくことで大きすぎになってしまうお腹を抑えれるような気がします。

臨月近くになってくると急激にお腹が大きくなり自分でも妊娠線が出来ていることに気付きます。
その時に、自分の体も重くなり腹帯やさらしをつけることやクリームをぬることが、少しめんどくさくなってしまうかもしれません。

しかし、その時が一番妊娠線が出来やすく予防する時期だと思います。

臨月まじかから、お腹が急激に大きくなる時期に油断することなく、予防することが一番大切だと思います。

また出産後、妊娠線が薄くなってわからなくなるといった話もよく聞きますが、私の場合は消えることなく何か所も残ってしまっています。

産後も、クリームを塗り続けることによって、できてしまった妊娠線をうすくしたり、ダイエット効果もあるらしいので、もし妊娠線が出来てしまってもあきらめることなく、ケアを続けることをおすすめします。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ