ニベアの青缶クリームと馬油を使うが効果むなしく妊娠線ができた・・






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠 6ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

様々なメーカーのサンプルを取り寄せましたが、実際購入して使っていたのはニベアの青缶クリームと馬油です。

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日 1回 お腹、腰、胸、お尻、太ももに使用 

特に気をつけていた部位:お腹、腰、胸

結果、妊娠線はできましたか?できませんでしたか?

お腹のへそ周りに少しできてしまいました。

妊娠線対策の体験談を教えてください

初めは妊すぐという雑誌の付録に付いていた、ママ&キッズのローションを使ってみました。
その後、マドンナ、ヴェレダ、ピジョンなどのサンプルも請求して使ってみましたが、特別これがよいというものは見つかりませんでした。
当然どれも香りや使用感は悪くないのですが、値段もそれなりにしたので、購入には至りませんでした。

でも何かしらの対策はした方がいいのだろうな、と思い、出産経験のある友人の話を聞いたり、インターネットで口コミを調べたりしていました。
すると、妊娠線予防用クリームではありませんが、ニベアの青缶と馬油の評判がよかったので、買ってみました。
これなら全身どこでも使えるし、昔からある定番の商品なのでなんとなく安心感がありました。

私はもともと少しアトピーがあるのですが、妊娠中は特に肌が敏感になっていて、全身にかゆみを感じていました。
ニベアクリームと馬油を塗ると、特にかゆみが治まるわけではありませんでしたが、悪化することもなかったので、とりあえず使い続けました。

かなりお腹が大きくなっても、妊娠線はできていませんでしたが、9か月ごろに突然現れました。
へその周りに波のような赤黒い線ができてしまい、出産までに少しずつ増えていきました。

現在産後半年が経ちましたが、赤かった線がどんどん薄くなってきたので、ほとんど目立たなくなりました。
妊娠線ができたときは少しショックでしたが、今ではあまり気にならなくなっていますのでとりあえずよかったです。

ただ、高品質な妊娠線クリームをずっと使っていたママ友は、「全然できなかったよ〜」といっていたので、初めからそちらにしておけばよかったと思いました。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ