オリーブオイルで妊娠線予防をするとベタベタしすぎる






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠5ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

オリーブオイル

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日1回  入浴後すぐに使用 

特に気をつけていた部位:腹部・腰回り・おしり・足の甲

結果、妊娠線はできましたか?できませんでしたか?

運がよくできませんでした。

妊娠線対策の体験談を教えてください

妊娠した時期が冬ということもあり、毎年悩まされる乾燥肌に拍車をかけて、妊娠中は更に皮膚が痒くなりました。
妊娠線を予防するためということと、乾燥肌対策というふたつの悩みを解決するため、まずはドラッグストアに売っている痒み止めクリームを使用していましたが、痒くない部分にも使うのは気が引けたので、妊娠前から行っていたオリーブオイルを塗ることに切り替えました。

方法としては。お風呂上り体をふく前に、濡れた体に数滴ずつ体のそれぞれの箇所に薄く塗るだけです。

注意点は、体を拭いてからオイルを塗ってはいけないということです。
体の水分がない状態で塗ると、オイルが肌に浸透しません。必ず体を拭く直前の状態からオイルを塗り始めてください。

塗った後はこすらずにやさしく押し付けるように体を拭く、程よくオイルがなしんだタオルで髪の毛を拭けば、髪の毛もしっとりして一石二鳥です。

なお、オリーブオイルは高価なものを用意する必要はなく、私はドラッグストアで売っている500ミリ400円ほどのものを使用しています。

ただし、オリーブオイルは塗った後にベタベタして服についてしまうのが難点です。
なので、朝起きて塗ると大変なことになります。

さらっとした感触が好みの場合は、やはり通販などで多少は値の張るものを購入したほうがいいと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ