ジョンソンボディーケアのエクストラケア高保湿ローションの口コミ






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠  5ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ジョンソンボディーケアのエクストラケア高保湿ローション

ジョンソンボディーケアのエクストラケア高保湿ローションは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日  1回   お風呂上り に使用 

特に気をつけていた部位:お腹、お尻、二の腕

結果、妊娠線はできましたか?できませんでしたか?

まったくできませんでした。

妊娠線対策の体験談を教えてください

第一子の妊娠発覚後、妊娠線のことが気になりネットや雑誌で調べました。

妊婦用の雑誌中の広告記事で、いろいろなメーカーがサンプルの申込み案内をしてくれているので、片っ端から応募して試してみましたが、どれもこれも私には違いがよくわかりませんでした。
しかも、妊婦用のスキンケア用品は結構なお値段なんです。

出産までの短期間のことだし、奮発して!とも思いましたが、再度ネットなどで調べてみると、要はしっかり保湿してあげてればいいとのことだったので、高保湿という言葉を信じてジョンソンエクストラケアを使ってみました。

使ってみると、サンプルで使ったものと使い心地が似てたんです。(成分なんかは違うのかもしれませんが)
高いクリームをケチって使うより、お手頃価格のクリームをたっぷり使う!という結論に至りました。

お腹が少し大きくなってきた5か月頃から毎日お風呂上りに、全身にたっぷり。
お肌はしっとりで、私はこのクリームの香りも好きだったのですごく心地よかったです。

妊娠線予防の専用クリームではありませんでしたが、結果、妊娠線は全くできなかったです。

2年後、第二子を妊娠した時にも同じクリームを使いました。
この時も、妊娠線は全くできませんでした。

でも、これがクリームの効果なのかはわかりません。
妊娠中の体重増加が二度とも5キロほどで抑えられたこともあるかもしれませんし、もともとの体質(肌質?)もあるかもしれません。

今になって思うことなんですが、妊娠線は妊娠・出産という大仕事を成し遂げた勲章です。
できないに越したことはありませんけどね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ