ピジョンのベビーオイルを太ももに塗り忘れ妊娠線ができた体験談

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠6ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ピジョンのベビーオイル

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日2回入浴後と朝に使用 

特に気をつけていた部位:おなかまわり

結果、妊娠線はできましたか?できませんでしたか?

太ももを中心にできてしまいました。

妊娠線対策の体験談を教えてください

対策として、私はピジョンのベビーオイルを使用しました。透明の小さな容器のタイプです。
妊娠線クリームでもよかったのですが、オイルだと、余った分は出産後も赤ちゃんのお世話に使えるし経済的かなと思いました。

妊娠中期からおなか周りを中心にベビーオイルを塗ったのですが、ほとんど妊娠線はできませんでした。体重が14キロも増えたので、少し妊娠線はできてしまいましたが、まだましかなと思っています。

また、太もも周辺はベビーオイルをぬるのを忘れていて、妊娠後期には、太ももとお尻の下あたりに、妊娠線ができ、出産後半年たってもなかなか消えず、まだ残っています。塗っていれば、妊娠線ができなかったのではないかと後悔しています・・・

オイル(クリーム)はおなかとおしりと太ももに塗ることをおすすめします。
初産の時にでないと、二人目以降にはもう昔できた妊娠線がでてくるので、初めが肝心のようです。

ちなみに3ヶ月ほど愛用しましたが、小さなベビーオイルの容器はひとつで足りましたし、出産後、赤ちゃんの耳掃除や鼻掃除、おへその掃除で必ず使います。
また、冬やよだれが多い時期には口周りのケアや乾燥した部分に集中的に塗っています。すぐに良くなるのでおすすめです。

現在はこどもが10か月になりましたが、なんとまだ妊娠中のときに使っていたベビーオイルを使っています。
シャンプーなど何かと購入しお金がかかるので、このベビーオイルを使っていてよかったなと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ