ヴァセリンローションで妊娠線予防をした体験談






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠 5 ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

妊娠クリームではなく、「ヴァセリンローション」を使っていました。

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日1  回お腹・胸    に使用 

特に気をつけていた部位:
お腹

妊娠線対策の体験談を教えてください

「妊娠したらお腹とか悲惨になるよ」と妊娠が判ったときに出産を経験した友人から聞いていましたので、妊娠線だけは避けたいという思いでマタニティーライフをスタート致しました。
しかし、どうして妊娠線ができるのか・・・なぜ産んでも消えないのかがよく分からず私は妊娠線予防をするために妊娠線について調べました。

「妊娠線は胎児の成長によって母体のお腹の皮膚が急激に伸ばされる為に出来るもの」とネットや妊婦さんが読む雑誌などに丁寧に書いてありました。
予防するためには、「保湿」が必要ということも書いてありました。

ただ、結構専用用品って高いんですよね。
マタニティー用品のお店に行くと少ししか入ってないのに1000円前後したり・・・。

これから赤ちゃんに沢山お金がかかるのに自分の見た目を気にして高いクリームなんて買えないと思いその足でドラックストアのボディーローションコーナーで「ヴァセリンローション」を購入致しました。
金額はそこそこ入って800円くらいでした。

金額も手ごろだったので、惜しみなく妊娠線のできやすいといわれる部分に毎日お風呂上りに塗りました。
特に、私は冬から夏にかけての妊婦だったので、乾燥の時期は着替える前にも塗っていました。
とにかくお腹と胸はいつもしっとりしていて、妊娠中には一切妊娠線はできませんでした。

ただ、出産後。
授乳のために胸にクリームを塗ることが出来ないのに産後ってものすごく胸が大きくなるんですね。
私は、産後に胸だけ妊娠線ができてしまいました。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ