急に太ると妊娠線ができやすくなるので早めの対策が吉!

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠8ヶ月頃からじわじわと肉割れが始まりました。特にお腹周りや太もも、膝の裏などが目立ち始めてこのままでは酷くなる一方なので事前に妊娠線クリームで対応しました。

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ピジョンの妊娠線予防クリームです。伸びが良くてべたつきがなく、スーッとお肌に馴染みました。

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日1回就寝前に使用 

特に気をつけていた部位:お腹周り、太もも

妊娠線対策の体験談を教えてください

妊娠線ができ始めたらすぐに予防策を考えなくてはなりません。特にやせ形の体系の方は一気に太るために、その部分を早めにケアすることで妊娠線ができにくくなります。

私の場合は、妊娠線ができそうな部分に予防クリームで保湿をしっかり行っていました。
お蔭で8カ月になり、妊娠線ができ始めたころには線は目立っていたものの、できても回復できる程度でした。

お腹周りや、太ももの付近は丁寧に妊娠線クリームを付けることが大切です。
また、マッサージを行うように塗ることで浸透しやすく、肌に馴染みやすいです。

その他にもできるだけ肌を乾燥させないという点に気を付けていました。
妊娠線ができてもお産した後は、クリームのお蔭で妊娠線も目立たなくなり、肌質も抜群です。

綺麗な肌を保ちながら乾燥から守ってくれていました。妊娠線ができないように、クリームは手放せない存在になり、肌質を整える役目を果たしてくれるクリームは、できてしまった妊娠線にも高い効果があります。

妊娠したら初期の内にお肌のケアとして妊娠線クリームを使うことをお勧めします。
私は8カ月ごろから使い始めたので、もっと早く使っておけばよかったと思いました。

肌がすべすべになり、荒れ性の肌にも最適です。
急に太ってしまった私は、お腹周りや太もも辺りを丁寧にマッサージすることにより、妊娠線が目立たなくなり日に日に薄くなりました。

高い保湿効果がある妊娠線クリームは肌を健やかに保ち、妊娠線を改善してくれました。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ