クリームを正しく塗らずにびっしり妊娠線ができた失敗経験談






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠 4 ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ピジョンマッサージクリーム

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日 1 回   入浴後 に使用 

特に気をつけていた部位:おへそ周り

妊娠線対策の体験談を教えてください

はっきりいって妊娠線をなめてました。

27歳で妊娠し食べ物の事や妊娠中の過ごし方など本や、ネットで沢山調べました。
その中にお腹が大きくなりだす前からのケアが大事だという記事をみつけました。

私は早速妊娠4ヶ月のお腹がほとんど目立たない時期からクリームを買い入浴の後毎日お腹に塗っていました。

先にママになった友人からは妊娠線の話を聞いていました。
友人により様々ですが1人目の妊娠でびっしり妊娠線ができてしまった人。

1人目の妊娠では全然できなかった妊娠線が、2人目の妊娠の時に、体を反らした瞬間に痛みとともに妊娠線ができた人など多様でした。

私は4ヶ月の頃からクリームを塗り始め、私はちゃんとケアしてるから妊娠線なんてできないと思っていました。
実際妊娠後期になっても妊娠線はできず、安心しきっていました。

無事出産を終え服を脱ぐと、そこにはおへそ周りやおへそ下にびっしりと妊娠線が入っていたのです。

出産直後でまだお腹は膨らんだままでしたが、張りが無くなったそのお腹には確かに妊娠線があったのです。

なぜ私は出産を終えるまで妊娠線に気づかなかったのかはわかりませんが、私のケアの仕方が間違っていた事は確かです。

私のケアの仕方は入浴後クリームを500円玉程度の大きさを手に取りおへそ中心に塗っていました。
私のお腹の出かたは前に突き出すように大きくなっていましたのでその中心部を塗っていました。

しかし、それでは駄目だったのです。
私なりに自分が駄目だった点を考えてみました。

1、500円玉程度の大きさでは足りなかった
2、一日一回の入浴後のケアだけでは足りなかった。
3、おへそだけでは足りなかった。

500円玉程度ではおへそ周りしか塗れません。
もっとたっぷり使い下腹部にマッサージをするように塗るべきでした。

一日一回では足りないかもしれません。
乾燥がきになったら一日何回でも塗れば良かったと思います。

マタニティー用に体に良い成分が入っているクリームです。
塗りすぎはないのですから、お腹の子とコミュニケーションをとるつもりで何回でも塗るべきでした。

おへそより下の部分の妊娠線の方が濃く出来てしまっています。
どこに妊娠線ができるかわからないのですから、お腹全体にたっぷり塗るべきでした。

一番駄目だった事は油断だったと思います。
私はちゃんとやっているから大丈夫という油断です。

ただ塗っているだけでは妊娠線は出来てしまいます。
どこにどんな風にできるか想像しケアをしていく事が大事だと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ