ジョンソンアンドジョンソンベビークリームで妊娠線が大量にでき失敗






妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠 5ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ベビークリーム(ジョンソンアンドジョンソン)
妊娠線クリーム(オーガニックマドンナ)

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日 2 回   朝晩 に使用 

特に気をつけていた部位:お腹

妊娠線対策の体験談を教えてください

妊娠5ヶ月頃から妊娠線予防にクリームを塗っていました。

最初は、クリーム代をケチって上の子用に使っていた保湿クリームを塗っていました。
基本はお風呂上がりにさっと塗るくらいでした。

上の子のお世話があったので、あまり自分には時間をかけていませんでした。

朝は気が向いたときだけ、着替えるときに塗っていました。

ある日、お腹がかゆいなーと思って、産婦人科で聞いたら、スプレー式の保湿液をくれたので、それとクリームを併用していました。

しばらくそれを塗っていて、特に気にしていなかったのですが、お風呂でよく見たら、乾燥して妊娠線らしきものが。
慌てて、クリームをたくさん塗りました。

一人目のときは、最初から妊娠線予防用のクリームを塗っていたので、乾燥もしませんでしたし、妊娠線もできませんでしたが、油断しました。

妊娠6ヶ月くらいの出来事でした。
幸い、お腹には妊娠線はできなかったのですが、足の付け根に出来てしまいました。
お腹ばかり気にして、足やお尻、胸は気にしていませんでした。

足の付け根の妊娠線は赤い線が何本か入ってしまい、みっともないです。
ショックでした。

慌てて妊娠線予防専用のクリームを購入し使っています。
出来てしまった妊娠線は消えませんが、もうこれ以上出来ませんようにと思いながら、それまでより念入りに塗るようにしました。

最初から、妊娠線予防用のクリームを使っていた念入りに塗っておけばよかったなと後悔しています。
もしくは、もっと保湿性のあるクリームを塗っていればよかったかなと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ