クリームを塗るのをケチったら、下腹部に妊娠線ができてショック!


妊娠線クリームを塗り始めた時期を教えてください。

妊娠5ヶ月頃から

使っていた妊娠線クリームを教えてください。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

妊娠線クリームは一日何回いつ使っていましたか?気をつけていた部位は?

1日1回  お腹に使用 

特に気をつけていた部位:おへその下辺り

妊娠線対策の体験談を教えてください

私は妊娠後すぐに妊婦さん向けの雑誌をよく読んでいて、その中で妊娠線はついてしまうともう治らないという記事を見つけ、早速妊娠線対策のクリームを探し始めました。

ちょうどその頃、たまごクラブを読んでいたら雑誌の中にママ&キッズのナチュラルマーククリームの試供品がついていて、使ってみるとその付け心地がとても良く、すぐにこれにしようと決めました。

特に気を付けていた部分は、お腹のおへそから下辺り、下腹の辺りです。
雑誌でその辺りに真っ直ぐ線が出来る人が多いと書いてあったので、そこは特に気をつけなくてはいけないなと思っていました。

私は妊娠中つわりが酷く、体重が妊娠前より5キロほど減ってしまったほどだったので、妊娠線についてはお腹の線だけ気を付けていれば、それ以外はそこまで心配せずとも大丈夫だろうと思っていましたので、他の部分はクリームを塗ったことはありませんでした。

塗る回数については、クリームのお値段がそこそこするものだったので、あまりたくさん使うと勿体ないなと思ってしまい、お風呂の後に一回だけ塗っていました。

ですが塗るときは時間をかけて、皮膚にしっかりしみ込むようにマッサージするように塗っていました。

このように、1日1回だけではありますが、毎日欠かさず塗っていたおかげで、妊娠中は妊娠線が一切できず良かったなと思っていたのですが、何故か出産後にお腹が凹んできたところうっすらと妊娠線らしきものが出来ていることに気づき、かなりのショックを受けました。

やはり、もっと頻繁にクリームを塗っておくべきだったのか、どうして出来てしまったのかは分かりませんが、塗っていたおかげなのか妊娠線はうっすらとしたもので、産後1年ほど経つといつのまにか気にならないほどになっていました。

クリームはやはり頻繁に塗っておくべきだと思います。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ