妊娠中でも飲めるおすすめ炭酸水は?






妊娠中ってどうしても炭酸水が飲みたくなりますよね。
つわりのときや胸がむかむかするとき・・・。

理由もなく妊娠中期に炭酸水をがぶ飲みしたくなるときも。
でも、妊娠中にこんなに炭酸水って飲んでいいのか?って思うときもありませんか?

妊娠中でも気軽飲める炭酸水を考えてみました。

妊娠中に炭酸水を摂取って大丈夫?

そもそも妊娠中だからといって炭酸水を飲むことは問題ありません。
ただし、炭酸水によっては注意が必要です。

理由は糖分です。
たまに飲む分には構わないのですが、これが1日に何本も飲むというのは摂りすぎになります。

炭酸水には基本砂糖がたくさん含まれています。
コカコーラの場合ですと、角砂糖(4g)が16個程度含まれています。

三ツ矢サイダーですと、角砂糖およそ12個分含まれています。
1日の砂糖の摂取量は、これを成人に当てはめると、1日およそ25gということになります。

なので、1日にコーラを500ml摂取すると2.6倍も多く摂取することになります。
1日2日と短い期間では特に何もないでしょうが、

妊娠中はホルモンの影響で体内に水分をためこみやむくみやすい体になっており、むくみは妊娠中毒症のサインのひとつです。
妊娠中毒症の原因についてはよく分かっていません。

でも、太りすぎやカロリーの高い食事、塩分の摂りすぎはむくみにつながり、妊娠中毒症を引き起こす原因のひとつだと言われています。

どうしても炭酸水が飲みたいときは、カロリーや糖分を気を付ける

わたしが妊娠中には、カロリーゼロや味なしの本当の炭酸水を飲んでいました。
お酒にいれる炭酸水です。

ええっ?って思うかもしれませんが、つわり中は結構味があるもの
全般だめでレモンやライム入りの糖分ゼロの炭酸水は助かりました。

しかも、がぶがぶ飲んでも糖分もカロリーも気にしなくていいので。
今はカロリーゼロの炭酸水は味があるものでもいろいろあるので、妊娠中期以降はそういう炭酸水がいいと思います。

飲みなれないと最初は抵抗あるかもしれませんが、冷たくして飲むとか工夫して飲むと飲み易いと思います。

妊娠後期以降の糖分とりすぎは難産になりやすい

味のない炭酸水は嫌だと思いかもしれません。
でも、妊娠後期以降は、赤ちゃんも母親の血液中の糖分を影響を強く受けるようになるので、ちょっとの辛抱です。

血液中の血糖が非常に多かったり、高カロリーの食事によりたくさんの血糖が赤ちゃんに流れ込んでしまいます。
すると、赤ちゃんまでもが太り気味になってきます。

そうすると、出産のときスムーズにでてきてくれなくて、難産になってしまうこともあります。
なので、赤ちゃんのためにも炭酸水を選ぶときには、カロリーや糖分を気にして商品を選ぶことが大切です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ