後期つわりをどう乗り切る?対策法


妊娠初期はなにかと不安に過ごしてきても妊娠後期になると、マタニティライフを満喫しやすいと思います。
でも、いったんおさまったつわりがぶり返し、吐き気がおそってくることがあります。

妊娠後期に入ってからぶり返すつわりを後期つわりといいます。
せっかくつわりも思ったのに、今度は後期つわり〜?!と思うかもしれませんが、結構後期つわりに悩まされる妊婦も多いのです。

つわりは耐えるしかないと思っていませんか?
後期つわり対策をすることで少しは楽に過ごせるようになるんです。

後期つわりの対策について考えてみました。

どうして後期つわりは起こるの?

妊娠後期に入り、赤ちゃんも自力で生きていくための成長が加速していきます。
赤ちゃんの大きさも当然、妊娠初期に比較にならないほど急成長していきます。

そうすると、お腹が胃を下から押し上げるように圧迫するようになります。
そのため、吐き気や胸焼けなどの後期つわりの症状が起きてしまうのです。

しかもママの体は出産に向けて準備を始め、ホルモンの分泌バランスが変化していきます。
このホルモンバランスの変化も後期つわりの原因といわれています。

臨月になると胎児が下がってくるので後期つわりは和らぐ傾向にありますが、個人差があります。
あとほんの少しの間と分かっていてもつわりはつらいものです。

ちょっとでもマタニティライフが楽しくなるように後期づわりの対策を考えてみました。

後期つわりに対策ってあるの?

後期つわりの症状は、一般的に吐き気や胸やけ、胃もたれ、胃痛です。
妊娠初期と同じではなく、妊娠後期になったら急に吐き気をもよおすようになったという妊婦もいます。

後期づわりで一番つらいのは食事ですよね。
そんな後期づわり対策は、1回の食事量を減らして何回かに分けて小分けに食べるということも一つの対策です。

あとは、ついつい水分をおおくとってしまいがちです。
でも、水分を多くとると胃液が薄まり、消化が悪くなることもあります。

なので、後期づわりの胃もたれ対策としては一気にたくさんの水分を取らず、少しずつ飲むといいでしょう。
食後2時間くらいは、胃液の逆流を防ぐために横にならないようにするといいですね。

つらくて横になる場合は上半身を起こすようにすると後からつらくならないのでおすすめです。
ちょっとした対策で後期づわりもすこしは緩和できると思いますので、是非試してみてください。

後期つわりがつらいときには、病院に相談もあり!

妊娠初期は赤ちゃんへの影響を考慮して、薬を処方されることはほとんどありません。
その点、妊娠後期の頃は飲んでも良い薬が増えてきます。

吐き気・胸やけ・げっぷ・胃のむかつき・胃痛などの症状に対しても薬も処方してもらえます。
後期つわりの症状があまりにもつらい場合には、無理をせず、お医者さんに相談しましょう。

悪化すると入院が必要になりますから、そうなる前に相談して欲しいところです。
無理をしてストレスで赤ちゃんに影響があっては大変です。

自己判断せずにお医者さんに相談するようにしましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ