妊娠中の肌の黒ずみが気になる人へ

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠中って幸せなことばかりではなく、結構肌トラブルってあります。
肌の黒ずみやシミが目立ってきたりして困ったことはありませんか?

私が妊娠中のときは顔の黒ずみが濃くなってしまい、今でもなおっていません。
女性はいつでも綺麗にいたいのに、シミや黒ずみがひどくなってしまっては大変です。

しかも、妊娠中なので、薬を飲むわけにもいかず、エステに行くこともできません。

なぜ妊娠中に肌の黒ずみがひどくなるの?

妊娠するとシミが目立つようになったという話はよくきくと思います。
これは妊娠により増加した女性ホルモンの影響と考えられています。

妊娠がメラニン色素を生成する色素細胞を刺激するからです。
メラニン色素も増えて色素沈着が起こりやすくなるため、ちょっとした刺激でもシミになりやすくなっているのです。

妊娠中はメラニン色素沈着が体に起こる場合もあります。
脇の下や股間などが黒ずむ妊婦さんも多いようです。

乳首の黒ずみはほとんどの妊婦さんが経験していると思います。
これも色素沈着によるものです。

妊娠中の黒ずみを予防するためには?

これらの黒ずみは、妊娠中のホルモンの変化が原因ですので、これといった予防方法はありません。
体質によって個人差もあるため、黒ずみがない人もいます。

いずれにせよ出産してホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも数ヶ月で自然に消えることがほとんど。
黒ずみがどうしても気になる女性は、産後体の回復をまってから美容整形などを検討することもひとつの方法です。

妊娠中の黒ずみ対策としては、紫外線ケアと保湿をおこたらないことが肝心です。
少しでも妊娠中の肌の刺激を失くし、トラブルを防止することです。

妊娠中なので飲み薬などの服用はだめですよ。
なので、日頃のスキンケアが鍵となります。

産後一年以内で元通りにもどりますので、心配せずに妊娠期間の体の変化を楽しんでください。

妊娠中の黒ずみは一時的

女性ホルモンによって増えてしまったメラニン色素は産後、自然に薄くなる傾向があります。
どうしても気になるようであれば、色素沈着を軽減するためのケア商品もありますので、試してみても良いのでしょう。

乳首や脇などの肌の黒ずみは出産後に徐々に落ちついてきます。
一時的な黒ずみなのであまり深刻にならなくてもいいと思います。

わたしの肌の黒ずみも産後少しは薄くなりました。
でも完全には消えませんでした。

今、ピーリングを定期的に行って、黒ずみ除去にがんばっています。
あくまで個人差が多いですが、私の場合は高齢出産ということもあり、免疫が低下していたのかもしれません。

あくまで産後落ち着いていからの対策ですよ。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ