妊娠中服用OKな便秘薬マグラックスとラキソペロンの違い






妊娠中でも服薬OKな便秘薬には、どのようなものがあるのでしょうか。
薬の服用については注意を払いたい妊娠中は、便秘に悩む人が多いために服用OKな便秘薬がどれか知りたいですよね。
そこで、服用OKとされている便秘薬を2種類ご紹介しましょう。

マグラックス

妊娠中でも服用OKな便秘薬としては、マグラックスを挙げることができます。
これは、マグミットと呼ばれることもある薬で、妊娠中の女性に処方されることが多いですね。

腸内に停滞している便に直接働く薬となっているので、大腸等の内臓にかかる刺激や負担が少ないのが特徴です。
主成分は酸化マグネシウムで過剰に体内吸収されることがないため、胎内の赤ん坊へ与える影響が少ないのも安心感があります。

ですから、妊娠中の便秘薬として妊婦に処方されることが多い薬となっているのです。

ラキソベロン

妊娠中でも服用OKな便秘薬としては、ラキソベロンも挙げることができます。

腸内だけで働くことや、期待できる効果が急激ではなく穏やかなので、妊婦の体への負担が少ないのが良いですね。
ピコスルファートナトリウムが主成分で、錠剤からシロップまであるため、服用しやすいものを選ぶことができるのも素敵です。

妊娠中の便秘は辛く苦しいものですよね。
ですから、服用しやすい薬タイプを選ぶことが可能な便秘薬は助かるのではないでしょうか。

妊婦の便秘薬の選び方

妊娠中でも服用OKな便秘薬としては、酸化マグネシウムが主成分のマグラックスやピコスルファートナトリウムが主成分のラキソベロンがあります。

いずれも、体に負担をかけにくいタイプの便秘薬なので、妊娠中の女性に処方されやすいのです。

どちらの便秘薬が処方されるかどうかは、医師の判断によりますが、どちらも服用したことがあって、「こちらのほうが痛くなく、よく出る」など好みがあれば、それを医師に伝えてみてもよいでしょう。

ですから、処方されたとおりに、あるいは、説明書等に書かれてあるとおりに、適切な服用をすれば、便秘の解消に繋がることが理解できますね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ