妊娠4ヶ月の過ごし方 お腹の大きさはどれくらい?




妊娠4ヶ月の過ごし方はどのようにすれば良いのでしょうか。
お腹の大きさがどれくらいなのかも気になりますよね。
そんな妊娠4ヶ月の時期をどう過ごすのか、より良い過ごし方についてご紹介しましょう。

食べ過ぎに注意しよう

妊娠4ヶ月といえば、辛いつわりがそろそろ終わる時期を迎える人が増えてきます。
そんな妊婦の過ごし方を考えるのならば、食べ過ぎに注意することではないでしょうか。

思うように食べられなかったつわりを乗り越える妊娠4ヶ月の時期です。
安心した反動で、食べ過ぎてしまうと体重管理の点で不安が生じる可能性もあります。

ですから、栄養バランスと摂取カロリーも考慮した過ごし方をしたいものですね。

妊娠線の予防をしよう

妊娠4ヶ月といえば、つわりが落ち着く頃でもあり、体つきもぐっと妊婦らしくなり始めます。
乳房の膨らみだけではなく、大切な我が子がいるお腹の膨らみにも注意しながらの過ごし方を目指したいものです。
つまり、妊娠線の予防ですね。

我が子がすくすくと胎内で成長し、つわりを抜けて食欲が戻ってくる時期となる妊娠4ヶ月です。
一段と体重管理に注目したいところですが、それと同時に、どうしてもできやすくなる妊娠線にも気をつける過ごし方を考えましょう。
例えば、日課の中に、妊娠線予防のためのクリーム等を使ってのお腹マッサージを取り入れるのも良いですね。

妊娠4ヶ月の過ごし方まとめ

妊娠4ヶ月頃の過ごし方を考えるなら、つわりが終わる時期だということに注目しましょう。
つまり、食べ過ぎに注意することと、お腹の膨らみからくる妊娠線の予防です。

辛いつわりを乗り越えた安心感で、つい食べる量が過剰に増える人が少なくありません。
また、そんな食欲と我が子の順調な成長からくるお腹の膨らみが生む妊娠線も気になりますね。

ですから、妊娠4ヶ月頃のより良い過ごし方としては、まず、栄養バランスと摂取カロリーを考えた適量の食事です。
次に、妊娠線予防のためにするお腹への優しいマッサージを習慣づけることではないでしょうか。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ