妊娠線を消すならコレ!という口コミBEST3


Unknown

「そう言えば、妊娠線のこと心配していたけど大丈夫だった?」。

お祝いを持ってきてくれた友達にそう聞かれて、一瞬答えに戸惑ったママ達もいるのではないでしょうか。

臨月に入るまでは全くできてなかったのに、最後の最後に妊娠線ができてしまった…というママも少なくありません。そんなママ達のお助けアイテムと言えば「できてしまった妊娠線を消すクリーム」。

消すと言っても、その効果を実感できる度合いは人によって違いますが、こちらでは特に口コミの多いものをご紹介します。

口コミNO.1「ノコア(NOCOR)」

妊娠線を消す効果の高さから、ママ達に人気を誇っているのが、肉割れのケア専門で開発されたこちらのクリームです。

真皮のコラーゲンまでビタミンC誘導体が浸透し、アボガドやプラセンタなど効果が期待される濃厚な成分もたっぷり入っています。

また、日本製の『あとケア専門クリーム』というのも安心できるようで、「使ってから1カ月程で少しずつ消えてきた」「肌全体が明るくなった」という口コミも多数寄せられています。

→妊娠線を消すNOCORクリームの口コミはこちら

口コミNO.3「プラジェントラクリームプラス(PLAGENTRA)」

プラジェントラクリームは、美容大国「韓国」での売り上げがトップクラスの妊娠線ケア商品としても話題です。

真皮のターンオーバーを促してできてしまった妊娠線を薄くするもので、集中ケアとして活用することもできます。実際に効果を実感している人も多いようで、「肌に弾力が出てきた」「保湿効果も高い」という口コミも多く見られます。

この他にも、妊娠線を消すことを目的とした商品は数多く開発&販売されていますが、どのケア商品にも共通して言えるのは「効果が実感できる人とできない人がいる」ということです。

また、「完全に妊娠線を消すことは難しい」というのも最初から理解したうえで始める必要があります。しかしながら、毎日のお風呂上がりに「妊娠線を専用クリーム(オイル)でケアする」という流れが習慣付くと、「気づけば妊娠線がかなり薄くなっていた!」ということも期待できそうです。

プラジェントラクリームの詳細はこちら

口コミNO.2「バイオイル(Bioil)」

こちらは海外では有名な商品で、クリームではなくオイル状になります。

効果への期待もさることながら、リーズナブルな価格というのも口コミ人気の高い理由です。日本語で書いてあるパッケージのものは、日本の安全基準と日本人の肌質に合わせて開発されているので、できればそちらを選ぶことをお勧めします。

また、「長く愛用していると少しずつ効果がある」という口コミが多いようなので、こちらは多少根気が必要になってきそうです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ