電車でマタニティマークをつけても譲られない?!






電車に乗った時、マタニティマークをつけても譲られないことってありますよね。
これは、まだまだマタニティマークが電車利用者に浸透していないからなのかもしれません。
だからこそ、今回は、電車でのマタニティマーク使用について考えてみましょう。

妊婦の1割が困った経験ありという現実

電車に乗った妊婦の1割ほどが、マタニティマークを付けたことで困った経験があるそうです。
この1割を多いと見るか少ないと見るか、個々に判断が分かれるところですよね。

しかし、マタニティマークを付けた妊婦が電車の中で嫌な目にあう場合があるのは、残念なことです。
お腹の中に新しい命を宿し育む最中の妊婦は、予期しない体調不調や変化が起きることがあります。

そんな時にマタニティマークを付けていたら、スムーズに対応したり助けたりしやすい事実にも目を向けたいですよね。

マタニティマークが多くの人に認知されるためには?

電車でマタニティマークを付けても譲られない等の状況にあうのは、まだ多くの人に認知されてないマークだからなのかもしれません。
このマークが取り入れられるようになったのは、2006年からです。
まだ歴史が浅いために、全国の自治体はもちろん、公共交通機関による積極的な周知活動にも期待したいですね。

何故なら、妊婦が安定期に入りお腹が大きくなる時期からはもちろんですが、お腹が目立たずつわりもある初期の辛い時期にも、マタニティマークは有効だからです。

しかし、電車に乗ってもお腹が目立たなかったり傍目にはわかりにくいつわりの辛さから、妊婦として認知されないことも少なくありません。
だからこそ、妊婦だけではなく周囲の人々がこのマークについて早く認知・理解することが大切なのです。

マタニティマークをつけても席を譲られない?

電車に乗る妊婦の1割くらいは、マタニティマークを付けても席を譲られない等の嫌な目にあったことがあるそうです。

これは大変残念なことですが、取り入れられて年数が浅いこのマークは、未だ多くの人に周知徹底されてないことも原因かもしれません。
ですから、電車利用する妊婦がマタニティマークを利用しやすいように、多くの自治体や公共機関による積極的な周知活動に期待したいですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ