助産院では妊婦検診費用はどうなる?






助産院における妊婦検診費用はどうなっているのでしょうか。
最近は、産婦人科だけではなく助産院を出産場所として選ぶ人も増えています。
しかし、その妊婦検診費用はどうなっているのか気になりませんか。

妊婦検診費用ってどれくらい?

まず、妊婦検診にどれくらいの費用を見込めば良いのか確認しましょう。
もちろん、検診回数にもよりますが、平均すると10〜20回ですね。
これをかかる費用に直すと、妊婦検診費用は10万円〜となります。

結構な出費ですが、多くの自治体では妊婦検診費用への補助を行っています。
ですから、助産院で検診を受ける場合も、事前に妊婦検診費用への補助が使えるのかどうか確認すると良いですね。
助産院でも自治体からの補助が使用できるのならば、積極的に利用したいものです。

助産院で妊婦検診を受ける場合

助産院で妊婦検診を受ける場合、まずは、事前に連絡をして出産までの流れを把握しておくと良いですね。
特に、妊婦検診費用のことだけではなく、助産院と産婦人科のある病院の提携について確かめておくと、安心感が違います。

何故ならば、検診時の段階で病院での処置が必要だとわかった場合の移行がスムーズだからです。

また、出産の際に、何らかの事情で通常分娩が難しくなった場合にも、スムーズに病院へ搬送しやすいのではないでしょうか。
ですから、妊婦検診費用とあわせて、病院との提携についても問い合わせてみましょう。

助産院で妊婦検診を受けるときの確認事項

助産院で妊婦検診を受けたいならば、事前に、妊婦検診費用について自治体からの補助を使えるのか否かを問い合わせると良いですね。
また、妊婦検診費用のことだけではなく、助産院と産婦人科のある病院との提携がどうなっているかも確認しておくと、安心感が違います。

例えば、なかなか赤ちゃんが生まれなくて緊急帝王切開が必要になった場合、すぐに搬送してもらえるかということは、命にもかかわる重要事項です。

不安なく出産へ至るためにも、あらかじめ確認すべきことはしておくことが大切なのです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ