いつからマタニティウェアが必要?


いつからマタニティウェアの着用が必要になるのか、気になりますよね。
胎内で成長する赤ん坊は、少しずつお腹を大きくしていきます。
そんなお腹を守りながら、女性らしいおしゃれな身なりを整えるのがマタニティウェアです。
一体、いつからの着用を必要とするのか、ご紹介します。

4〜5か月を目安にマタニティウェアを着用

いつからマタニティウェアが必要かといえば、一般的には、4〜5か月頃が目安になります。
この頃になると、少しずつお腹が目立ってきたり、お腹まわりがいつもの服ではきつくなってきたりすることが多くなるのです。

もちろん、個人差がありますから、4か月を迎える前あたりからお腹まわりの窮屈さを感じる人もいますよね。
ですから、必ずしも4〜5か月頃になるまでマタニティウェアの着用を待つ必要はありません。

いつから着用するのかという目安となるのは4〜5か月頃ですが、自分自身のお腹まわりに合わせて臨機応変に整えるといいですね。

マタニティウェアの着用期間を考えて用意

いつからマタニティウェアを着用するのかという点にだけ注目すると、少し困ったことになるかもしれません。
というのも、お腹の中ですくすくと育つ赤ん坊によって、臨月までの間にお腹が大きくなってくるからです。

つまり、お腹まわりのサイズがどんどん変わってくることを想定する必要があるのですね。

ですから、いつからマタニティウェアを着用するにしても、臨月の頃にも十分に着用できるサイズやスタイルのものを選ぶことが大切です。
そのためには、服のウエストサイズがゆったりとしたデザインのものを活用したいですね。
例えば、普段着であれば、案外と男性ものTシャツやセーターも使い勝手が良いのではないでしょうか。

妊娠4、5ヶ月頃からマタニティウェアの準備を

いつからマタニティウェアの着用が必要とするのかといえば、妊娠して4〜5か月頃が目安になります。
ただ、個人差がありますので、自分自身のお腹まわりが気になるようになれば、早めに着用するのも良いですね。

もちろん、マタニティウェアをいつから着用するにしても、臨月の頃まで着ることになります。
ということは結構長い期間になりますよね。
ですから、服のウエストサイズがゆったりとしたタイプや、男性もののTシャツやセーター等も利用すると良いのではないでしょうか。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ