ドゥーテストの蒸発線と陽性線の見方






妊活中は生理予定日になるとそわそわします。
今度こそ妊娠しているのでは?と期待が膨らみます。特に妊活中だととっても気になるのがもちろん結果。
排卵日と生理予定日はそわそわする時期です。

生理予定日に生理が来ないと妊娠したかも!?ってついつい妊娠検査薬を試してみたくなります。
妊活真っ盛りの時は生理予定日が待ちきれなくタイミングから1週間後で妊娠検査薬を試したときもありました。

当然真っ白で陰性でしたが・・・。

妊娠検査薬とにらめっこしてもしかしたら薄い線が見えないかと角度を変えたりもしました。
じっと見ていると不思議なことにうっすら線が見えたりもするんです。

でもそれは陽性線ではなく、蒸発線でした。
蒸発線だとわかっていてもなかなか希望を捨てられずがっかりしたことは何度もあります。

妊娠検査薬はたくさんありますが、ドゥーテストが評判いいですよね。

しかもドラックストアでも気軽に購入できることができるのは助かります。
精度も評判いいですし・・・。

妊娠検査で一番気になるの精度!
ついついフライングして蒸発線にがっかりした人もいるはず。

妊娠検査薬はどうして妊娠反応するの?

本来妊娠検査薬は生理予定日の1週間後に使用するのが目安です。
その理由はhCGホルモンを感知して陽性線をだすからです。

hCGホルモンは妊娠している人にしか分泌されないホルモンです。
hCGホルモンは着床と共に分泌を始め、徐々にその量を増やしていきます。

妊娠検査薬で妊娠判定をするためには、尿中のhCG値が50mIU/mLを超えることで陽性線をだします。
生理予定日後1週間が目安と言っても個人差があります。

なので生理予定日後1週間前でも妊娠検査薬が反応する人もいます。
逆に反応しない人もいます。

ただ早すぎると当然ホルモン値は少ないので薄い陽性線になります。
ここが陽性線と蒸発線がでてくる要因です。

蒸発線とは?

妊娠しえいれば妊娠検査薬の判定窓に線がでます。
でもその線もホルモン値やそのときの状況で薄かったり、濃かったりします。

くっきりとした陽性線ならなにも妊娠を間違うこともありませんが判定しずらい線だと微妙です。
私の経験論だけでいうと妊娠検査薬のメーカーも少し影響がある気がします。

妊娠したくてしょうがなかった時期にフライングで妊娠検査薬を試しました。
最初ドゥーテストにしました。

でも蒸発線すらでず、ずっと判定窓をにらみっこ。
それでも納得出ずクリアブルーを試しました。

クリアブルーも最初は真っ白でしたが、ずっと見ているととっても薄い線が見える気がしました(笑)
本当にあるかないかの線。

それが蒸発線です。
当然妊娠していませんでしたが、妊娠しているかもとずっとその蒸発線に希望をもっていました。

間違った妊娠検査薬の使い方や着床はしたけれど流れてしまった化学流産でも妊娠検査薬は反応します。
でもそういう場合は線が薄かったり、しばらくすると妊娠検査薬が反応しなくなって線が消えたりします。

本当に妊娠していたら、すぐにはっきりと線がでるものです。
妊娠した時は最初は薄かった陽性線ですが反応はすぐでました。

蒸発線は時間がたってうっすら出る場合もあるので、陽性線とはそこが違います。
陽性線であれば日を追うごとに線がはっきりしています。

妊活中は本当に妊娠が気になって妊娠検査薬を試したくなる気持ちはよくわかります。
そして線がでないかをうっかり早くフライングしてしまう気持ちもわかります。

フライングが悪いわけではありませんが結果を受け入れられる気持ちで試すのが大切です。
そうしないと私みたいに蒸発線で一喜一憂してしまいます。

ドゥーテストの精度はいいの?

一般的に近くのドラックストアで販売されているのはドゥーテスト、クリアブルー、P-チェック・Sあたりでしょう。
わたしも妊活中は妊娠検査薬をいろいろ買いだめして全部試しました!

最後に落ち着いたのは、やっぱりドゥーテスト。
ドゥーテストの尿中のhCGを検出する妊娠検査用キットです。

尿中hCG濃度50mIU/mL以上がある場合、判定ラインが発色しピンク色に見えてきます。
薄くても色が付いていれば、hCGがあります。

尿中hCGがない場合はまったく反応しません。
ドゥーテストの場合、判定ラインが白く浮いて見える場合がありますがこれが誤解を招くこともあります。

いわゆる蒸発線であり、もちろん白線は陰性で妊娠していません。
正しい方法で検査が出来ていれば、ピンク色に発色して見えてきます。

ドゥーテストの蒸発線はでにくい?

蒸発線で有名なのはクリアブルーです。
クリアブルーは25mIU/mL以上のHCGで妊娠検査薬が反応するので、ドゥーテストよりも反応が早い分偽陽性でやすくなります。

早めに妊娠を知りたいとついついクリアブルーを使いがちですが、わたしはドゥーテストをおすすめします。
ドゥーテストがとっても残酷で、かつ支持される理由はフライングしても蒸発線がでにくいというところです。

ついつい妊娠希望が強すぎて、判定時間をしぎてもずっと妊娠検査薬をみていると蒸発線のようなものが見えたりもします。
でも、ドゥーテストは私の場合真っ白のまんまでした。

もちろん、ドゥーテストでも蒸発線はありますが、それほど誤解やすいものではありません。
あと不妊治療の影響でHCGが反応してしまったり、科学的流産で蒸発線がでることもあります。

市販の多くの検査薬は50IU/Lであり、生理予定日1週間後からの検査ということになっています。
薄くても判定ラインがピンク色に発色していれば、陽性。

フライングを行う際のポイントとしては、ドゥーテストでは10分必要ですが測定時間を過ぎると正しい判定ができなくなります。
ちなみに判定中に見えるピンクの線は陽性・陰性とは無関係なので、気を付けましょう。

蒸発線かどうかは生理予定日1週間後にまた再確認で判定したほうがいい!

蒸発線でもいいからフライングしたい気持ちはよくわかります!
生理予定日1週間後から判定可能とは書かれていてもわたしは待てませんでした。

ちなみに生理予定日1週間前からドゥーテスト、クリアブルー、P-チェック・Sを日替わりで使っていました・・・。
クリアブルーとは相性が悪かったせいか反応せず、ドゥーテストとP-チェック・Sはとてもうっすいうっすいピンクの線がでました。

でも、それが蒸発線なのかどうかわかりませんでした。
なので、病院で検査ではっきりするまで生理予定日過ぎてからはドゥーテストを毎日使って線が濃くなっていくのを確認していました。

だいたい生理予定日1週間後には検査10分後にははっきりピンクの線がでて陽性がわかりました。
そこで蒸発線ではないことがはっきりしました。

妊娠検査薬の蒸発線は正しい使用方法をしていれば、流産や不妊治療とかの影響でなければでません。
フライングするときには、正確な判定ができないこともあるのでそこをきちんと理解しましょう。

あと、陽性線がでて、確実に妊娠したとわかれば、早めに妊娠線のケアを始めてくださいね。
妊娠初期であっても妊娠線ができる人はいます。乾燥肌ほどできやすいです。

→妊娠線クリームの正しい選び方はこちら



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ