胎児の性別はいつわかる?エコーの見分け方




胎児の性別は、いつわかるものなのでしょうか。
産婦人科での検診ではエコーを撮ってもらえますが、エコーの画像・映像でどのように
見分けられているのか、気になりますよね。
そこで今回は、胎児の性別がいつわかるのかという点に着目して、エコーの見分け方をご説明します。

胎児の性別がわかるのは、いつ頃なのか?

胎児の性別がいつわかるのか、気になるプレママプレパパは少なくありませんよね。
大切な我が子の名前を考えたり、服等の準備をしたりすることを思えば、胎児の性別を出産誕生前に知りたい人もいるのではないでしょうか。
日々、妊婦のお腹の中で成長を続ける胎児は、いつ頃になれば性別を見分けることができるのか知りたいものです。

胎児の性別そのものは、卵子に精子が受精した時に決まります。
しかし、それを母体である妊婦や検診をする産婦人科医が知ることができる時期は、もっと後になるのです。
だいたい安定期に入った頃になりますね。

具体的にいつ頃からかといえば、早くて16週目くらいからになります。
もちろん一般的には、さらに2週間くらい後の18週目くらいになりますね。
もっとも、これにはエコー検査による画像・映像を確認してのことになるため、わかりやすい時期はもっと後の時期で24週目くらいになるのです。

ですから、お腹の赤ん坊の性別をあらかじめ知りたい時には、その頃の検診で産婦人科医に尋ねてみましょう。

性別を見分けるにはエコーに映る胎児の姿勢や向きが大切

胎児の性別がいつ頃からわかるのかという点については、わかってきましたよね。
しかし、いずれにしても産婦人科での検診時に、超音波検査と呼ばれるエコー検査を受ける必要があります。
これは、妊婦の体に負担をかけずに胎内の赤ん坊の姿を捉えることができるのです。

ただし、このエコー検査で映し出された胎児が、どのような姿勢や向きになっているかによって、胎児の性別を判定しやすかったりしづらかったりします。
例えば、胎児が背中を向けた状態であれば、性別を判断するための部位を確認することができませんね。
また、こちらを向いていたとしても、両足を曲げていたり、手の位置が確認するために必要な部位に置かれていると判断するのが難しいですよね。

ですから、胎児の性別を判断するのがいつなのかと言えば、確認しやすい週数に入ってからのエコー画像・映像で胎児の姿勢や向きが判断しやすい状態の時と言えます。
そのため、確認しやすい時期のいつ頃であっても、胎児の姿勢や向きによっては性別の判断が難しいこともあるのが現状ですね。

まとめ

胎児の性別がわかるのはいつ頃かといえば、早くて16週目、一般的には18週目に入った時期になります。
ただし、エコー検査で判断しやすい時期は、24週目に入る頃ですね。

もちろん、エコーで映し出される画像・映像は、胎児の姿勢や向きによっては胎児の性別を確認しづらい場合もあります。
そのようなこともあるので、いつ頃になれば性別の確認ができるのかといえば、判断しやすい時期に入って以降の胎児の姿勢や向き次第なのかもしれません。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ