妊娠4ヶ月のお腹の張りは流産?危険な張りと対処法

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠4ヶ月頃のお腹の張りは流産の恐れがあるのでしょうか。
妊娠中のお腹が張る状態になることがありますが、気になって心配する妊婦も多いですよね。

そこで、危険なお腹の張りと対処法についてご説明しましょう。
特に今回は、つわりが収まってお腹が膨らみ始める妊娠4ヶ月に視点を当てます。

危険なお腹の張りとは?

妊娠4ヶ月頃といえば、辛かったつわりがやっと収まる妊婦が増えてきます。
また、お腹が膨らみ始めて、お腹に赤ん坊が宿っている実感に心温まる妊婦も多いのではないでしょうか。
しかし、そのお腹の張りを感じる状態になる妊婦も少なくありません。

そのような妊娠4ヶ月頃のお腹の張り方には、人それぞれに違います。
張る時の感覚や状態も様々であり、中には危険なものもあるので気をつけたいですよね。
危ない張り方の時には、流産する可能性もあるからです。

特に、いつも感じていたのとは何かが違うと思うお腹の張りには要注意ですね。
例えば、お腹が張っていると感じる回数が急に増えたり、張った時の痛みが強くなったりした場合です。
また、そのような時に、少しだけでも出血を伴う場合やおりものの色・匂いに変化が生じる場合も注意します。

妊娠4ヶ月頃にそのような張り方を感じたら、早めにかかりつけの産婦人科に連絡・受診することが大切です。

お腹の張りへの対処法とは?

妊娠4ヶ月後のお腹の張りは、つわりが終わり膨らみ始めたお腹に母親としての喜びを感じる妊婦に不安をもたらしますよね。
妊娠期間中、精神的に穏やかな日々を過ごせるように、お腹が張った時には上手に対処したいものです。
そのためには、いくつかの方法が考えられます。

妊娠4ヶ月頃にお腹の張りを感じた場合には、まず、安静に過ごすことを心がけることが大切です。
日々の家事や炊事が滞ることが気になる人もいますが、この時期は赤ん坊を育んでいる大切な身でもありますね。
ですから、お腹が張ってきたと思う時には、体を楽にして安静に過ごすことを第一にしましょう。

尚、安静にしていてもお腹の張りが収まらない場合もあります。
例えば、5分程度経ってもお腹が張って収まりそうにないという状況であれば、次の対処を行うことが大切です。
それは、かかりつけの産婦人科に連絡して受診することです。
専門医の診断をあおぐことで、異状があれば早めに対応できますし、何事もなければ安心して妊娠4ヶ月の時期を過ごすことができますよね。

まとめ

妊娠4ヶ月頃になるとつわりが収まりお腹が膨らんできますが、同時に、お腹の張りも感じる妊婦が増えてきます。
その中でも、張る回数が増えたり痛みが強くなった場合、さらに、出血やおりものの変化があれば要注意です。

尚、お腹の張りを感じた時には、まず、安静に過ごすことが大切です。
しかし、5分程度安静にしていても収まらない場合には、かかりつけの産婦人科を受診するようにしましょう。
異状に対する早めの対応が可能になりますし、何事もなければ妊娠4ヶ月の時期を安心して過ごせるのです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ