胎動が激しい・弱いとダウン症の確立大?【迷信】


胎動が激しかったり弱かったりすると、ダウン症の確立が大きいという迷信があります。
しかし、この迷信のことを知らずにいる人の中には、無用な不安に陥ることがあるのではないでしょうか。
そこで今回は、胎動の激しさや弱さによってダウン症の確立が大きくなるものではないということについてご説明します。

胎動が激しいのは、何故?

胎動が激しいと、生まれてくる赤ん坊はダウン症の確立が大きいという迷信がありますよね。
しかし、胎動の激しさの有無によって、そのような確立が決まるものではありません。

それでは、胎動が激しいのは、ダウン症ではなく、どのような理由が考えられるのでしょうか。
まず、お腹の中にいる胎児は健やかに成長をする中で、生まれてきた赤ん坊と同じように起きて活動する時間帯や眠る時間帯が生じます。
それはやがて、起きて活動する時間帯が徐々に増えてくることにも繋がるのです。

お腹の中の胎児も、起きている時には手や足をはじめとして体の各部を動かすようになるのですね。
その動きは胎動になって感じ取れます。
例えば、手足の曲げ伸ばし、体を回転させる、しゃっくりや呼吸をするような動きはもちろんです。
それらに加えて、あくびや指しゃぶり、まばたきのようなものまで含まれますね。

このような胎児の成長による自然な動きが活発で元気な場合は、激しいなと感じることもあるでしょう。
ですから、生まれてくる赤ん坊のダウン症確立を大きくさせるものではないのです。

胎動や弱いのは、何故?

胎動が弱いと、生まれてくる赤ん坊がダウン症である確立が大きいという迷信がありますよね。
しかし、胎動の強弱によって、そのような確立が決まるものではありません。

それでは、胎動が弱いのは、ダウン症ではなく、どのような理由が考えられるのでしょうか。
まず、子供の個性や性格というのは、生まれてから決まるのではなく、お腹の中にいる胎児の頃から存在しています。
つまり、お腹の中で元気に活発な動きを見せる子もいれば、比較的おとなしい子もいるということですね。

胎動はお腹の中にいる胎児の活動状況が伝わって感じられるものになります。
ですから、お腹の中でおとなしくしている胎児や、優しく柔らかな動きをしている場合は、自然と弱いように感じられるのです。
このような胎児の性格や個性による動き方の差で強弱を感じるので、即、ダウン症なのかもということにはなりません。

まとめ

胎動が激しいから、あるいは、弱いからという状況から、即座にダウン症の赤ん坊であるという確立が大きくなるわけではありません。
そのような迷信があるために、本来であれば無用の不安を抱いてしまう人もいるので注意したいですね。

胎動は、お腹の中ですくすくと成長している胎児の性格や個性によって生じる動き方の差によって違いが出てきます。
そのため、激しく感じたり弱く感じたりするのですね。
ですから、激しいとか弱いという感じ方だけでは、ダウン症の確立の大小を判断することはできないのです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ