授乳口付きパジャマは必要?メリットデメリット






授乳口付きパジャマは必要なのか不要なのか、意外にも悩む人が多いのではないでしょうか。
授乳期には、夜中に母乳を飲ませる機会もあり、季節によっては寒暖の差で肌寒いことを感じることもあるはずです。
その際に、普通のパジャマが良いのか、あるいは、授乳口付きパジャマが良いのか、どう判断するか気になりませんか。
そこで今回は、その必要性について、メリットデメリットの点から考えてみます。

授乳口付きパジャマのメリットは何?

授乳口付きパジャマは、はたして必要なのでしょうか。
このことについて考えるために、まずはメリットについてご説明します。

授乳口付きパジャマには、パジャマ着用のままで赤ん坊に母乳を与えるための授乳口がある仕様になっています。
そのため、夜中の授乳という本来なら眠っている時間帯においては、パジャマを脱いだり上げたりして肌をさらけ出す必要がなくなって、その手間を省くのに役立ちますよね。
これは寒い時期の授乳の時には便利な機能ですから、その点を考慮して必要だと考える人も少なくありません。

授乳口付きパジャマの必要性を判断する場合には、夜中の授乳をできるだけスムーズに心地よく行えるか否かという点にも注目したいですね。

授乳口付きパジャマのデメリットは何?

授乳口付きパジャマは、必要なものなのかどうか悩みますよね。
このことについて考えるためにも、続いてデメリットも考えてみましょう。

授乳口付きパジャマが必要とされるのには、パジャマ着用のままでの授乳をスムーズに行うためということが考えられます。
しかし、就寝用の服である従来のパジャマは、もとより全体的に緩いデザインのものが多いですよね。
そのため、通常のパジャマで前開きのものであれば、一部のボタンを外すだけで授乳することも十分可能な場合もあるのです。
もちろん、一般的なネグリジェでも前開きのものであれば、同じようにして一部のボタンを外せば授乳できるというわけですね。

そういうやり方を採るのであれば、わざわざ授乳口付きパジャマを購入する必要性はないのです。
また、デザインの多様性や1着あたりの単価を考えると、十分代用が可能な前開きタイプのパジャマやネグリジェで良いと考えることもできます。

まとめ

授乳口付きパジャマが必要なのか不要なのか、結構気になりますよね。
まわりも見ても、購入している人もいればしてない人もいるというのが現状ではないでしょうか。
そのため、どうすれば良いのか悩み迷う妊婦も少なくないのです。

だからこそ、どのようなメリットやデメリットから必要か不要かを判断するのか、あらかじめ知っておきたいものです。

授乳口付きパジャマは寒い季節の夜中の授乳をスムーズに行うことを可能にします。
しかし、ゆったりした就寝用の一般的なパジャマやネグリジェも、前開きならば一部のボタンを外しただけで授乳することも可能なのです。
そのため、デザインや単価の差を考えて、通常のパジャマ・ネグリジェを選ぶ人もいるわけですね。

このようなメリットやデメリットを知ることで、自分の出産時期や授乳期のことを考え合わせて必要か否かを判断すると良いのではないでしょうか。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ