マタニティブラのサイズの選び方まとめ




マタニティブラのサイズはどのように選ぶのが良いのか、ご存じですか。
妊娠前よりもふくよかなバストになってきますから、膨らみに合うものを選びたいですよね。
そこで今回は、マタニティブラのサイズの選び方をまとめてみました。

リラックスできるタイプのものを選ぶ

マタニティブラを選ぶのならば、まず、リラックスできるタイプのものから合うサイズを選ぶと良いですね。
何故ならば、妊娠してからの体の変化は、妊婦に戸惑いや体調の変化ももたらすからです。
特に、妊娠初期〜中期にかけて悩まされる人が多いつわりの時期は、心身ともに疲れ気味ではないでしょうか。
そんな時には、リラックスできる服装が一番です。

もちろん、これはインナーや下着にも言えることです。
ですから、リラックスできるようなタイプのマタニティブラを選ぶのが大切です。
例えば、ハーフトップのノンワイヤー型から合うサイズを選ぶことで、心身のストレスから解放されやすくなりますね。

このようなハーフトップ系のマタニティブラは、S・M・Lというような大まかなサイズで販売されていることが多いです。
そのぶん、通常のブラジャーよりもゆったりと着られますから、普段着や寝る時用にも重宝するのではないでしょうか。

授乳用にも使い勝手の良いものを選ぶ

マタニティブラを選ぶのならば、産前だけではなく産後の授乳期のことも考えたデザインから合うサイズを選びたいものです。
何故なら、産前の徐々にふくよかになっていくバストは、産後は生まれた我が子に与える母乳の位置にもなるからですね。

マタニティブラは基本的に産後の授乳のことも考えたデザインが、様々に出回っています。
例えば、フロントの中央部が開閉式になっているもの、ストラップ部分の取り外しができるもの、ブラの形状を変えずカップ部分だけを開閉できるもの、カップ部分をずらすタイプのものといろいろあるのです。
それらの中から、自分が使いやすいと思うデザインのブラを選び、バストトップに締め付け感がないサイズを選択したいですね。

お腹が大きくなるにつれて、膨らみを増してバストサイズが妊娠前よりも1〜2サイズ大きくなる妊婦が多いです。
そのため、胸の張りで窮屈にならないようにしたいものです。
また、出産後も授乳期は特に乳腺が活発になって胸の張りを感じやすくなるため、やはり窮屈感があるのは困りますよね。
ですから、マタニティブラは産前だけではなく産後の授乳期も使用できるものを選びましょう。

まとめ

マタニティブラを選ぶのならば、リラックスできるタイプのものや授乳用にも使い勝手の良いデザインの中から、自分のバストサイズに合うものを選びたいですね。
つわり等で心身の変化にストレスを感じることも出てくることが考えられますから、リラックスできるタイプが一番です。
また、産前のことだけではなく、産後の授乳期にも対応した各デザインから自分の好みに合わせてサイズ選びをすると良いのではないでしょうか。

マタニティブラはお腹に宿った新たな命を育んでいくことになる女性の胸元を、優しく、そして、きちんとサポートしてくれる大切なアイテムなのです。
ですから、約10か月という長い期間を心地よく過ごすためにも、リラックスできて授乳期にも対応可能なものを選びましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ