モーツァルトより胎教に良いおすすめ音楽は?


妊娠してつわりも落ち着いてくると、興味をもつのが「胎教」ではないでしょうか。
実際に胎教に興味を持っている妊婦さんはとても多く、どんな胎教がいいのか、調べている妊婦さんも多いと思います。

実際に「胎教」というと、広く知られているのがモーツアルトではないでしょうか。
モーツアルトの音楽は、お腹の中の赤ちゃんにだけでなくお母さんにもリラックス効果をもたらしてくれますよね。

また、モーツアルトをはじめとする胎教を聴かせることによって、赤ちゃんの脳を刺激することができます。
その結果、ほかの赤ちゃんと比べると夜泣きの回数が少ない・何事に対しても積極的に関わろうとする・安産になる、などの効果も見られるようです。
また、モーツアルトなどのクラシック音楽は、聴き手をリラックス効果へと導いてくれるα波が多く含まれているのです。

実際に「胎教」=「モーツアルト」のイメージがどうしても強いですが、モーツアルトよりも胎教にいい音楽とはどのような音楽があるのでしょうか?

あまり知られていない!?モーツアルトよりも胎教にいい音楽とは

一般的に、胎教をはじめる時期はつわりが落ち着き始めてくる5か月あたりからだといいます。
ちょうどそのころからお腹の赤ちゃんの聴覚も発達し、胎動も感じ始めるころですので、まさに胎教を始める時期にはちょうどいいでしょう。

「胎教」というと、多くの人はモーツアルトなどのクラシック音楽を聴かせるイメージが強いと思いますが、胎教の種類はじつにさまざまなのです。
モーツアルトなどのクラシック音楽以外でいうと、オルゴールの音色も胎教にいいと言われています。

例えば、ディズニーやジブリなどの小さい子どもが好きそうな音楽をオルゴールの音色で聴いてみるととてもリラックスすることができます。
オルゴールの音色は、普通の音源で聴くよりもはるかにリラックス効果が得られるようです。
同時に、お母さんもリラックス効果を得られることで、お腹の赤ちゃんにもその効果が伝わってくれるので、とてもいい胎教だといえますね。

このほかに胎教にいいとされている音楽もあります。それは、自然の音です。川のせせらぎの音や鳥のさえずりなども高いリラックス効果をもたらしてくれます。

モーツアルトもいいけど、そのほかにもこういった、胎教にいい音楽は本当にたくさんあるのです。
「胎教にはモーツアルトを聴かなければ意味がない」などと固く考えなくてもいいのです。
ひとついえることは、お母さんがリラックスできる音楽が一番の胎教音楽なのです。ひいてはそれが赤ちゃんのリラックスにもつながります。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ