A型ベビーカーとバギーの違い【どちらがおすすめ?】


お腹が大きくなるにつれていよいよ考えなければならないのが、赤ちゃんを迎えるための準備ではないでしょうか。
準備するものは、肌着などの小さなものから大きいものはベビーカーまでさまざまです。
肌着などは出産直前に購入できますが、ベビーカーなど大きいものは、安心して出かけられる時期までに購入を済ませておきたいものですよね。

そんなベビーカー。ベビーカーにはA型とB型という種類があるのをご存知でしょうか?また、型により若干の特徴が異なります。

A型ベビーカーとB型ベビーカーとの違いっていったいなにが違うの?

A型ベビーカーとは、使用対象は生後1か月の新生児から可能です。
両対面タイプなので、赤ちゃんの機嫌などによってA型ベビーカーを動かす人の顔が見えたり見えなかったりさせることも可能です。
またA型ベビーカーは、大型タイプで価格も高めのものが多いようです。

A型ベビーカーに比べB型ベビーカーは、使用対象は生後7か月からと言われています。
A型ベビーカーのように対面機能はありません。また、リクライニングもできませんので、赤ちゃんは座った状態でのみの使用となります。
ですがB型ベビーカーは、重量は軽く、また本体の価格もA型ベビーカーに比べるとだいぶ安いようです。

このように、A型ベビーカーとB型ベビーカーとでは、使用対象月や価格・そのほかの機能など少しずつですが違いがあるのが分かります。
このようなベビーカーと似たような商品がもうひとつあるのをご存知でしょうか。それは「バギー」です。
バギーとは、簡単に言うと持ち運びのしやすいベビーカーです。バギーもベビーカーの仲間のようなものです。

バギーは、軽量のB型ベビーカーよりもさらに軽く、傘型に折りたためるのが特徴の商品です。生後7か月からの使用が可能です。

価格もお手頃価格のものが多く、ベビーカーは一時的なものだから、と思う人にはいい商品かもしれません。
しかしながら、軽くてコンパクトなバギーは、それゆえに長時間赤ちゃんを乗せておくことはあまりおすすめできません。
また、バギーは自立できないということも知っておくことが大切です。

このように見てみると、A型ベビーカーとバギーを比べてみるとはたしてどっちがおすすめなのでしょうか?
A型ベビーカーは、本体も重たく、価格も決してやすいものではありませんが、機能や赤ちゃんの座り心地を考えるとバギーよりもおすすめです。
バギーは、価格もお手頃で軽量ですので、電車のちょっとした移動などには助かりますが、赤ちゃんを乗せてゆっくり買い物、というシーンには向かないようです。

A型ベビーカーとバギー、それぞれの特徴を踏まえて、どちらが自分たちの生活スタイルに合いそうか考えてみるのも大事なことのようですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ