ニベア青缶では妊娠線予防に失敗する理由


妊娠すると、その体は自分が思っていた以上の様々な変化が起きるものです。
妊娠時期、予防できるものならやっぱり予防しておきたい、そんなもののひとつが「妊娠線」を予防することではないでしょうか。

妊娠線を予防するには、妊娠線予防専用のクリームを使用することがおすすめです。
しかしながら、妊娠線予防クリームは決して安価なものではありません。また、その種類も豊富にあり、どれがいいのか迷ってしまう人が多いと聞きます。
妊娠線ができる時期というものは一時的なものです。そのため、普段から使用しているクリームで代用する妊婦さんもまたたくさんいます。

普段から身近にあるクリーム…一番そのイメージがあるクリームが、ニベアの青缶ではないでしょうか?
ニベアの青缶は顔や手足など体全体に使用することができるます。また、小さい子供から大人まで幅広い世代で使用することができます。
それが、ニベアの青缶の人気の秘密なのでしょうね。

普段は体全体に使用できるニベアの青缶。妊娠線予防にも一役かってくれるのか、気になるところですよね。

ニベアの青缶で妊娠線予防の効果はどれぐらい期待できるものなの?

妊娠線を予防するにはいくつかのポイントがありますが、一番のポイントは「高い保湿力が得られること」です。
その点でいえば、ニベアの青缶にはホホバオイルやスクワランなどの保湿成分が成分として配合されているので、保湿がしっかりできそうです。

そういえば、少し前までニベアのCMでもお腹が大きくなったお母さんがお腹にクリームを塗っているシーンがありましたよね。

実際に、妊娠線予防としてニベアの青缶を使用した妊婦さんもたくさんいて、その使用感も様々のようです。
・妊娠が判明し、早い段階でお風呂上りにはニベアのクリームをお腹あたりに塗っていたら、妊娠線ができなかった。
・思ったほどの保湿が感じられず、ニベアの青缶を使用していたにも関わらず妊娠線ができてしまった。

など、ニベアの青缶を使用して妊娠線予防できた妊婦さんもいれば、残念ながら妊娠線予防ができなかった妊婦さんもいるようです。
しかし、もともとニベアの青缶は保湿できる万能クリームではありますが、妊娠線予防専用のクリームではありません。

「なんとしても妊娠線を予防したい」妊婦さんは、やはり妊娠線予防専用のクリームを使用するにこしたことはありません。
実際のところ、専用クリームと一緒の効果がニベアの青缶で得られるかと言われると、可能性はそう高くはないのかもしれません。
使用する妊婦さんの考え方でも、どちらのクリームで妊娠線予防を期待するかが変わってきそうですね。

→ニベア青缶は妊娠線予防に効果がある?その説明はこちら



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ