ジョンソンのベビーオイルで妊娠線予防はやめましょう!


妊娠線を予防したいという妊婦さんはたくさんいます。ですが、妊娠線予防の商品がたくさんありすぎて、どの商品がいいのか、迷っている人も多いと思います。
実際に、妊娠線を予防したい妊婦さんはどのような商品を選んでいるのでしょうか?

妊娠線予防の商品としては、おもにオイルタイプのものとクリームタイプのものがあります。
妊娠線予防にはクリームタイプの商品をよく見かけますが、はたしてオイルタイプで妊娠線予防は期待できるのでしょうか。
ここでは、「ジョンソンのベビーオイル」で妊娠線予防が期待できるのか、考えてみましょう。

「ジョンソンのベビーオイル」で妊娠線予防は期待できるの?

「ジョンソンのベビーオイル」というと、一度はその商品を目にしたことがある人が多いのではないかと思います。
ベビーオイル、と商品名にありますが、「ジョンソンのベビーオイル」は赤ちゃんから大人まで幅広い世代に使えるオイルです。
また、オイルですので肌馴染みもよく伸びももちろんいいので、使いやすい商品だと言えます。

その「ジョンソンのベビーオイル」、妊娠線予防という観点から見てみると、その効果は期待することができるのでしょうか?

妊娠線を予防するためには、高い保湿力・補水・肌を乾燥から守ってくれること・肌細胞の働きをよくしてくれること、などが必要になります。
それらのことを満たしてくれる商品が、妊娠線予防に適している商品と言えるでしょう。

その点から言いますと、ジョンソンの商品に限らずベビーオイルは、保湿には優れていますがその他の面ではクリームの方が妊娠線予防の効果が得やすいようです。
クリームタイプの方が肌の状態を整え、高い保湿力を保つことができるので、基本的に妊娠線予防にはクリームタイプがいいのかもしれません。
また、クリームタイプは補水・保湿が可能なのに対して、残念ながらオイルタイプは保湿効果しか期待できません。

また、「ジョンソンのベビーオイル」は妊娠線予防専用の商品ではありません。
しかしながら、「ジョンソンのベビーオイル」は刺激も低いので、何かと敏感になる妊娠時期にはオイルで妊娠線予防をしたい妊婦さんもいるかと思います。
またクリームタイプの商品と比べて「ジョンソンのベビーオイル」は比較的安価なこともあり、こちらの方が好みだという妊婦さんもたくさんいます。

このように、どちらがいいか悪いのかの前に、商品を選ぶ際は「自分の好きな使い心地」「値段」などもポイントになってくるようですね。
しかし、妊娠線予防効果を期待するのなら、やはりクリームタイプの妊娠線予防商品をおすすめします。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ