二人目のつわりと上の子の世話どう乗り切る?




一人目の出産後、続けて二人目も欲しいなと考える人は多いと思います。
しかし二人目を妊娠、出産するにあたって一人目のお世話をどう乗り越えるかは大きな問題となってきます。
今回は、二人目を妊娠してまず乗り越えなければいけないつわりと上の子のお世話を乗り切るコツを紹介します。

二人目妊娠中のつわりが大変な理由は?

二人目妊娠中のつわりがなぜ大変か、何が大変なのかをお話しします。
まず1つ目は、つわり中でもゆっくり休んでいられないことです。

一人目妊娠中は、自分のペースで活動したり休んだりすることがしやすいと思います。
しかし上の子を自宅で育てている場合は、なかなか自分のペースで休むことができません。
上の子がまだうまく話せない歳だったり、イヤイヤ期だったりする場合にはなおさらでしょう。

次に大変なことは家事です。
夫婦だけの時は、それほど散らかることもありませんし食事も家にあるもので、ということも可能だったでしょう。
ですが、上の子がいれば散らかることもありますし目が離せない場合もあります。
食事も、つわり中でも子供にはしっかりバランス良く食べさせなければと思ってしまうママも多いことでしょう。

つわり中でも休めない、家事がはかどらない、子どものお世話もゆっくりしてあげられない、こういったことが二人目妊娠中のつわりのつらさなのかもしれません。

二人目妊娠中のつわり!すべてはいい加減に!

二人目妊娠中のつわりでは、すべてにおいて完璧を目指さず自分も体を休めながら過ごしましょう。
お子さんの食事は、レトルトやお惣菜でも構わないのです。
掃除も気になるところだけ、気になる時にやってもいいんじゃないですか?
テレビだっていつもより少々長く見せても、たまにはいいでしょう。

つわりは期間限定ですし、つわりでしんどい最中なのですから怠けているわけでもありません。
お子さんのお世話に関しては、年齢や月齢にもよりますがつわりが治まってからたくさん遊んであげても成長や発育に大きな問題にならないでしょう。

二人目妊娠中のつわりで、楽に家事をするには?

つわり中に便利なのは、宅配やネットスーパーでの買い物です。
一人目の出産後から利用している人も多いかもしれませんが、つわり中に上の子を連れての買い物は大変です。
赤ちゃんがいると配送料が安くなる宅配などもあってとっても便利ですので、活用しましょう。

また、妊娠中や産後に家事をお手伝いしてもらえるサービスもあります。
企業のサービスや自治体が行っているサービスなどあります。
自治体で行われているサービスは、支援内容が限定されていたり手続きが少々大変な場合もありますが、1回数百円~1000円代とかなり低料金で支援をしてもらえるので便利です。

二人目妊娠中のつわりには、夫だけでなく親や兄妹も頼ろう!

二人目妊娠中のつわりの際は、ママにかまってもらえず上の子が不安定になることもあるようです。
「ママじゃなきゃいやだ」という年齢の場合は大変かもしれませんが、そんな時こそ上の子とパパの距離を縮めるいいチャンスです。
平日はなかなかパパと会えないかもしれませんが、週末は上の子とパパと少し外で遊んできてもらいましょう。
二人目の産後は上の子をパパに任せるという家族も多いので、産後に向けてパパの準備にもなりますね。

実家の家族に頼れる場合には、上の子の面倒を少し見てもらうのもいいでしょう。
「ママと離れると愛情不足で不安にならないか心配」という人もいるかもしれません。
もちろん子どもにとってはママはとっても大切な存在ですが、少しの間別の人にお世話してもらったからといって愛情不足になることはないので心配いりません。

保育園の一時預かりやファミリーサポートも活用しよう!

親しい家族が近くに住んでいない場合には、保育園や幼稚園の一時保育を利用することもおすすめです。
園によっては預けられる頻度もかなり少なくなりますが、週に1回でも隔週でも1人で過ごす時間があるだけでゆっくり休むことができるでしょう。
自治体のファミリーサポート、子育てサポートシステムを利用して上の子を少しの時間預けることも便利ですので検討してみてください。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ